日本は、ベーシックインカムを早々に導入しては!

BI(国民1名当たり8万円程度)の導入により消費税を20%として、生活保護を廃止、年金も廃止してはどうでしょうか!これで働き方も変わり、仕事の内容も充実、出生率も上がり、預金が消費に回ります。

 

ベーシックインカムって何?メリットとデメリットを分かりやすく解説

最近、ネットやニュースでよく見かけるベーシックインカム。
これは所得保障制度の1つで、なんとなく意味は分かっていても、メリットやデメリットを正確に把握している人は少ないのではないでしょうか?

ベーシックインカムは社会保障制度や生活のあり方を根本から変えてしまうほどの影響力を持っており、日本も将来に向けて検討すべきだともされています。

この記事では、ベーシックインカムとは何か。
そのメリットとデメリットはどのようになっているのか解説してみます。

ベーシックインカムとは何か?

ベーシックインカムとは、政府が国民の生活を最低限保障するため、年齢・性別等に関係なく、一律で現金を給付する仕組みのことです。

日本における現行の社会保障制度は、何か特定の事情が発生したときに給付される形で実現されています。健常で労働が可能な人は、基本的に社会保障制度の給付対象にはなりません。

例えば65歳を迎えると年金が、失業すれば失業保険が、生活できない人には生活保護があります。病気になると、健康保険から大部分の医療費が給付されるのも、社会保障制度の一環です。

このように、社会保障制度は特定の事情が生じて、生活に支障が出る、または負担が大きいときに補完する役割を持っており、誰もが平等に給付を受けられる制度ではありません。

ベーシックインカムは、これらの事情は一切考慮されず全ての人が平等に給付を受けられる制度になっています。

2016年1月にオランダで行われる実験

ベーシックインカムは、労働によって対価を得て生活するという、これまでの生活スタイルを完全に転換するものなので、その影響は非常に大きいと考えられており、メリットやデメリットは論じられても実際にどのようになるか結論は出ていません。

2016年1月に、オランダのユトレヒトという都市で、ベーシックインカムが実験的に導入されると発表されています。
この実験は、都市全体で行われるものではなく300人という限定的な規模ですが、その効果には注目が集まっています。

実験であるため、300人をいくつかのグループ分けして異なる条件で支給が行われ、無条件で支給されるグループには日本円で約12万円(妻帯者は約18万円)が支給されます。
その結果、人々がどのような行動をとるのか実験で明らかになると言われています。

続き・・・


 

広告

陸上男子200で小樽出身の小池が金メダル アジア大会(立命館慶祥卒業生)!!

陸上男子200で小樽出身の小池が金メダル アジア大会

小池祐貴

【ジャカルタ大矢太作】ジャカルタ・アジア大会第12日の29日、陸上男子200メートルで、小樽市出身の小池祐貴(23)=ANA、立命館慶祥高出=が20秒23で勝ち、日本勢として2006年ドーハ大会の末続慎吾以来12年ぶりとなる金メダルを獲得した。

 小池は28日の準決勝で20秒35の全体トップで通過し、決勝は2位に着差ありの同タイムで競り勝った。  続き・・・


柔道女子、立命館宇治・岡田が初V 全国高校総体!!

柔道女子、立命館宇治・岡田が初V 全国高校総体

スクリーンショット 2018-08-15 13.20.14

全国高校総合体育大会(インターハイ)は11日、津市産業SCなどで行われ、柔道女子個人57キロ級で岡田恵里佳(立命館宇治)が初優勝を果たした。柔道女子で京都勢の優勝は初めて。同48キロ級で今春の全国高校選手権を制した芳田真(比叡山)は準々決勝で敗れた。
 サッカー男子準々決勝では東山が2-1で三浦学苑(神奈川)を破り、4強入りした。
 新体操女子個人で小西野乃花(乙訓)が28・300点を記録して2位となり、種目別フープで2位、同ボールで6位に入った。 続き・・・


 

多様な世代に学びの場 立命館、30年代ビジョン!!

多様な世代に学びの場 立命館、30年代ビジョン

立命館大学、立命館アジア太平洋大学(APU)、付属中学・高校を運営する学校法人立命館は7日、2030年代に向けた「学園ビジョンR2030」を発表した。「挑戦をもっと自由に」を掲げ、留学生の受け入れなどグローバル化をさらに加速するとともに、社会人ら多様な世代に学びの場を提供する。

学校法人立命館は2030年代に向けた学園ビジョンを発表。森島朋三理事長(中)は「知の結節点」を目指すとした

学校法人立命館は2030年代に向けた学園ビジョンを発表。森島朋三理事長(中)は「知の結節点」を目指すとした

 立命館の森島朋三理事長は「想定外が日常化し、これまで大学教育が進めてきた価値観も大きく転換している」と指摘。多様な人が時間や場所を選ばず高度な教育を受けられるように、キャンパスを持たず、オンラインで授業を行うといった新たな教育の可能性を含めて検討を進めていく考えを示した。国や世代を超えたネットワークを形成し、「知の結節点」を目指すとした。

 立命館大の吉田美喜夫学長はグローバル化の加速に向けた具体的な取り組みとして、学部・学科の新設で協力関係にある米アメリカン大学とオーストラリア国立大学のキャンパスに、留学生の募集や学術連携を担う新たな海外拠点の設置を検討していることを明らかにした。APUの出口治明学長は「新しい学部も含め、どんなことができるかを学内のプロジェクトチームで検討を進めている」とした。  続き・・・


 

NEW TREASURE 研究会2018!!

NEW TREASURE 研究会2018

NEW TREASURE 研究会2018のご案内

先生方におかれましては、教育現場のI CT化や4技能強化など、変わりゆく英語教育に対してさまざまな取り組みを実践されていることと思います。今年度も『NEW TREASURE』を使った学校の先生方どうしで情報共有できる場をご提供したいと考え、「NEW TREASURE研究会」を開催いたします。学校での活用事例報告を通して、先生方の授業改善や新しい英語教育を考えるきっかけになりましたら幸いです。ご多忙な時期とは存じますが、何卒ご参加をよろしくお願い申し上げます。

日時 : 2018年8月19日(日)13:30~17:00(13:00受付開始)
場所 : TKPガーデンシティPREMIUM秋葉原3F ホール3B ※地図参照(裏表紙)
定員 : 100名

日時 : 2018年8月26日(日)13:30~17:00(13:00受付開始)
場所 : TKP大阪梅田駅前ビジネスセンター3F ホール3A ※地図参照(裏表紙)
定員 : 70名

申し込み締切 : 8月13日(月)17:00

参加申込フォーム

Web https://questant.jp/q/nt_seminar_2018

FAX申込ダウンロード:1806NT研究会申込書

問い合わせ:03-5296-2842( Z会ソリューションズ 東京営業所)


 

避難所、学習支援が課題!!

避難所、学習支援が課題 “「夏休みは受験勉強に集中しようと考えていた」と言うが、その矢先に水害に見舞われた。避難所では段ボール箱を机代わりにして勉強する。消灯時間は午後10時。「限られた時間でやるしかない」と天井を見つめる。(中略) 学習を支える教員の確保も悩み”

スクリーンショット 2018-07-27 19.12.26


午前中から気温30度を超す猛暑となった23日。真備町地区から数キロ離れた同県総社市の県立総社南高校で、中学生ら数人が冷房の利いた3階の教室に集まり、問題集や資料集を広げて黙々と机に向かった。避難所で生活している倉敷市立真備東中3年の森本美心(みこと)さん(14)は「涼しくて静かで、とても勉強しやすい。志望校に合格できるよう頑張りたい」と話した。

 県教委がこの日から設置した学習スペースだ。真備町地区の各避難所にも場所はあるが主に小学生が対象で、1室に50人以上が集まることもあるという。このため、中学・高校生向けに8月10日まで原則平日の午前9時~午後4時に教室を開放。真備町地区との間を往復するバスも運行する。

 先の見えない避難生活の中で、受験を控えた生徒らの不安は特に大きい。市立岡田小の体育館に避難している真備東中3年の前田きずなさん(14)は、工業高校への進学を志望している。「夏休みは受験勉強に集中しようと考えていた」と言うが、その矢先に水害に見舞われた。避難所では段ボール箱を机代わりにして勉強する。消灯時間は午後10時。「限られた時間でやるしかない」と天井を見つめる。

 同中3年の加藤悠陽(ゆうひ)さん(15)は浸水被害を免れた自宅2階で暮らすが、1階にあるクーラーの室外機が水没したため冷房が使えない。「部屋は蒸し風呂状態」と話す。


このような記事を読み心が痛みます。現在、学校法人立命館が大学の寮を被災した受験生に夏休みの間を解放するように依頼をしております。ただ、実際にそのような支援が必要な受験生がいるのかどうか、と聞かれております。どなたか大阪・いばらきキャンパスの国際生の寮でゆっくり勉強に集中したい方はいませんか。あるいは、被災された受験生の情報を持っている学校長、担任の先生がおりましたらご連絡ください。

学校法人立命館一貫教育部 久保 敦  akubo@ujc.ritsumei.ac.jp


 

Tokyo JALT Younger Learners event on Oct 7th!!

Tokyo JALT Younger Learners event on Oct 7th

 

Tokyo JALT has been organizing events for teachers of younger learners (pre-school through to high school) for 2 years now. These Sunday afternoon get-togethers are held jointly with the Younger Learners SIG, and the next one will be on October 7th 1-5pmat Tokiwamatsu Gakuen, 8 min from Toritsu Daigaku station (Toyoko Line). (http://www.tokiwamatsu.ac.jp/info/access.html)

東京JALTでは、過去2年間にわたり、若い学習者の教師(就学前から高校まで)のためのイベントを開催しています。これらの日曜日の午後の集まりは、若い学習者の(Younger Learners)SIGと共同で開催され、次回は10月7日午後1時から5時までトキワ松学園で開催されます。場所は、都立大学駅(東横線)から8分です。 (http://www.tokiwamatsu.ac.jp/info/access.html

 

We are excited to have a great line up, starting with a presentation by Professor Mitsue Allen-Tamai of Aoyama University who will talk about her unique storytelling project for young learners. A discussion on assessment and testing at the elementary level will follow. Finally Professor Frances Shiobara of Kobe Shoin Women’s University will share her research and lead discussion on team teaching, a topic which is relevant for Younger Learner teachers at all levels.

青山大学のアレン玉井光江教授の若い学習者のためのユニークなストーリーテリングプロジェクトについての話を皮切りに、小学校レベルでの評価とテストについての議論が続きます。最後に、神戸松蔭女子大学の塩原フランセス教授が、若い学習者の教師に関係のあるトピックであるチーム・ティーティングに関する研究を共有して話し合います。

 

Please bookmark the date and share the information with colleagues and friends. For JALT members this event is free of charge. Non-members pay 1,000 yen. There is also an option to join JALT Tokyo for 1 year as a local member for 3,000 yen (1,500 yen for JETs and ALTs)

どうか日付をメモし、同僚や友人とこの情報を共有してください。JALT会員の方は、このイベントは無料です。非会員は1,000円になります。JALT TOKYOの1年間の地区会員として3000円(JETとALTは1,500円)で登録するオプションもあります。

 

More details will be posted later. Large numbers are expected so please be sure to RSVP to book your place – http://bit.ly/TJALTandYLevent Queries can be sent to: tokyojaltyl@gmail.com(English or Japanese)

詳細については後で掲載される予定です。多くの参加者が予想されますので、あなたの席を予約するためには、必ず事前予約を行ってください。http://bit.ly/TJALTandYLevent 質問はtokyojaltyl@gmail.comに送ってください。(英語または日本語)お待ちしております。


 

【拡散希望】西日本豪雨で被災を受けた受験生への支援協力!!

こんなことを考えておりますが、何方かご支援を頂けないでしょうか。

西日本豪雨で被災された高校3年生(受験生)の勉強する場所を心配しております。毎日の猛暑、問題集などが全て流されて今までの勉強道具がない、避難場所でゆっくりと落ち着いて勉強できない。などの多くの問題を抱えています。

そこで、関西地区の大学や高校で寮を持っている学校法人で彼らに勉強ができる場所と食事などを夏休みの間だけでも無償で提供して頂けないでしょうか。

被災している受験生は、この夏休みの勉強がとても重要です。そこで、学校の寮を解放し安心して勉強できる場所を提供し、企業(出版社)様には問題集などの無償提供をお願いし、現職の教員や大学生にはボランティアで勉強を個別に教える活動を始めたいと思っています。

何方か一緒にこのような活動を始めないでしょうか。もし、ご支援頂ける方がおりましたらご連絡ください。

ESN総合代表 久保 敦 (学校法人立命館 一貫教育部 副部長)

archiekubo@gmail.com


 

ESN夏期英語教育セミナー@未来の先生展2018!!

ESN夏期英語教育セミナー@未来の先生展2018

20180915miraisensei.png

 


◆申込方法

チケット購入サイト|http://eventregist.com/e/mirai_sensei

申込フォーム|ESN夏期セミナー2018申込フォーム

チラシ|ESN夏期セミナー@未来の先生展2018.PDF

テーマ|「4技能育成だけでは済まない今後の英語教育 ― LT/CT教育の必要性」


◆日 時

9月16日(日)<未来の先生展2日目> 場所  聖心女子大学 3号館|352教室

① 10:00~10:40 |ミニ講演|4技能育成だけでは済まない今後の英語教育 ― LT/CT教育の必要性

② 10:45~11:30 |ワークショップ|従来型授業の進化を目指したアイデア創り


◆ファシリテーター

鮫島 慶太 教諭

共立女子中学高等学校 英語科教諭

ESN  Critical Thinking 研究 副代表


◆概 要

教育特別な日に食べに行く高級料理ではなく、みんなで作る家庭料理

~一緒に素敵な家庭料理を作りましょう!~

2020年以降、英語教育だけでなく、日本の教育全体が大きく変わろうとしています。 ただ、そうした変化を控えた状況の中で、抽象的なスローガンばかりが叫ばれ、実際の授業をどう変えていくべきなのかについての発信はまだまだ少ないように思います。 現場の教員やこれから教員を志す学生の中にも、「変化の具体像」が見えず不安を抱えている方々は 多いのではないでしょうか?また、CLILをはじめとした様々な方法論や  ICTの利用が話題になることも多いですが、そうした「新しい知見やツール」を普段の授業にどのように活かしていくべきなのかについても、明確なモデルがある訳では      ありません。 ESN英語教育総合研究会の英語教員の多くも同じ不安を共有しています。

先の見えない混沌の時代に、少しでも光を見出すために、ESNの  メンバーと一緒に、従来型授業を進化させ、「新しい時代の英語授業」を創る試みに参加しませんか?「最新の方法論の単なる提示」や「非日常的な体験による動機付け」 ではなく「日常の現場の授業」を具体的にどう変えていけば新しい時代に必要な人材を育てていくことに繋げられるのか、参加者の皆さまとともに考察し、創り上げていきたいと思っています。


◆参加方法 ①→②の流れで進めてください。

①未来の先生2018 公式ページでチケットを購入

http://eventregist.com/e/mirai_sensei

前売券|一般 ¥3,000~ / 学生 \1,500~

②ESN公式HPのフォームより参加登録(80席)

事前申込があった場合、席を優先的にご用意いたします。

当日の飛び入り参加も大歓迎です。


◆詳細情報

ESN英語教育総合研究会

公式HP |http://es-network.org/

Facebook |https://www.facebook.com/esn.jp/

問い合わせ|info@es-network.org

未来の先生展

公式HP |http://www.mirai-sensei.org/

Facebook |https://www.facebook.com/events/169201267129361/


特別協賛企業|株式会社ネリーズ

TOK授業研究セミナー(関西)の報告!!

TOK授業研究セミナー(関西)の報告!!

6月30日(土)立命館大学大阪・いばらきキャンパスにて実施されました「TOK授業研究セミナー」のご報告をさせて頂きます。当日は、蒸し暑い中多くのご来場者にセミナーにご参加頂き心より御礼申し上げます。参加者130名弱という予想を遥かに超える申込者があり、満席の状態となりました。1日をかけた講演やワークショップ、懇親会などを通してこれからの日本の教育の実践のヒントになれば幸いです。

教育の方法にも回答がありません。方法や内容など様々であり、これをすれば全て解決するような簡単なものではありません。しかし、教育こそが人間の幸せ、国の発展のためには必須なことであり、教員はその責務を負っていると自覚する必要があります。

そのためには、学校、教科、地域の超えた協力が必要であると感じています。今回のセミナーでは、様々な科目の先生方や業種の方、中学生から大学生まで参加されました。このような幅の広い、多様な教育セミナーはそれほど多くはないと思っております。だからこそ、とても重要な要素が含まれていると感じて頂けたと存じます。

大人を含め、これからの子供たちの教育を共に築き、幸せな人生が送れる知識や教養、思考を育てて行きたいと思っております。

最後に今回ご登壇していただいた先生方には、ご準備や遠方からのご来場などご支援を頂き心より御礼申し上げます。ESNの総合代表としまして感謝の意を申し上げます。

ご参加頂いた方には、セミナーでご紹介しました高校生用の「社会課題解決 総合学習ノート」ー世の中の課題を解決するための教科横断ー(ESN英語教育総合研究会 発刊)のサンプル教材の情報などを後日メールにてお知らせいたしますので暫くお待ちください。この教材を多くの学校の総合や探求の時間で使用して頂き、子供たちの思考力の幅を広げて頂ければ幸いです。

全国の19名の優秀な先生方の血と汗の結集した教材です。是非ともご活用頂ければと思います。最後にこの教材を総合編集して頂きました英数学館高等学校の福島浩介先生には、重ねて御礼申し上げます。