プログラムEの東京芸術劇場 ワークショップ事業!!

<プログラムEの東京芸術劇場 ワークショップ事業>
・日時:8月2日(金)13時30分〜18時
・会場:東京芸術劇場
・講師:楠原竜也
・アシスタント:近藤理恵
・内容
(チラシに載っている写真は、去年の演劇WSの時のものなので、今回のWSとは違います)
振り付けを踊るのではなく、人と身体を触れ合って形を作ったり、目と目を合わせたまま動いたりと、人と触れ合うことでコミュニケーションを取ることをします。
・小中高の先生は無料になります。

*結構動くので、動きやすい服装で来て頂けると幸いです。
*締め切りが6月19日となっていますが、まだ空きがあるため、是非ご参加お待ちしております。

https://www.rekibun.or.jp/about/project/education/#anc02

広告

NEW TREASURE研究会2019 【8/17京都|8/18東京|8/25名古屋】!!

英語教育の不易流行 ~大学入試改革・学習指導要領の改定をふまえて~

8/17 土 京都 キャンパスプラザ京都 第4講義室 定員50名

8/18 日 東京 TKP東京駅セントラルカンファレンスセンター10F ホール10A 定員70名

8/25 日 名古屋 TKP名古屋駅前カンファレンスセンター6F カンファレンスルーム6B 定員30名

第 4回 E S I B L A 教 育 フ ォ ー ラ ム 英語 技能の授業実践!!

forum_flyer_A4_omote_ol

2019年8月31日(土)
会場: JASSOプラザ平成
〒135-0064 東京都江東区青海2丁目2−1
ゆりかもめ(新橋駅~豊洲駅)「船の科学館」東口より徒歩約3分
りんかい線(新木場駅~大崎駅)「東京テレポート」B出口より徒歩約15分
台場東京テレポート 青海JASSO プラザ平成船の科学館 テレコムセンター
基 調 講 演

★吉田 研作 先生 上智大学特別招聘教授 言語教育研究センター長

登壇者一例(50音順)
 ◆阿部 一 先生 
 ◆田中 茂範 先生 
 ◆安河内 哲也 先生

詳細はウェブサイトにて
お問合わせ: https://esibla.or.jp/esibla-forum/

mpi主催【7/23大阪, 7/26名古屋, 7/28東京】 中学・高校英語教員向け  スピーキング&ライティング指導力アップセミナー!!

参加費無料/要事前申込/中学・高校教員限定

中学・高校の教員からのご要望が多いスピーキング・ライティング指導力アップに特化したセミナーを実施いたします。教育改革の現状を踏まえて、ライティング力とスピーキング力を同時に伸ばすことが可能なTAGAKI学習法を実際に体験してもらいます。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

【大阪会場】
日時:2019年7月23日(火)14:00 ~16:00
場所:CIVI研修センター新大阪東(最寄駅:新大阪駅)

※CIVI新大阪研修センターとは異なります。

【名古屋会場】
日時:2019年7月26日(金)14:00 ~ 16:00
会場:国際デザインセンター(最寄駅:栄駅、矢場町駅)

【東京会場】
日時:2019年7月28日(日)14:00 ~ 16:00
場所: CIVI研修センター秋葉原(最寄駅:秋葉原駅)

■対象:中学・高等学校の英語科教員

▼ちらしはこちら↓↓↓↓

▼お申込はこちらから↓↓↓↓

主催/お問合せ:

株式会社mpi松香フォニックス

E-Mail:shogakkosupport@mpi-j.co.jp

私学の国際交流・英語教育の現状!!

キャプチャ

【日時】 7月18日(木) 16:00~18:00 開場15:30

【会場】 株式会社エデュケーショナルネットワーク 富士見ビル2F

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-11-3

≪最寄り駅≫ JR飯田橋駅  西口より徒歩3分  地下鉄飯田橋駅  B2a出口より徒歩4 分

16:00~17:00

「世界標準のIB式教育の導入による学びの形」 ~考える言語教育(論理的思考・探究的思考)~  久保 敦 先生   聖ヨゼフ学園中学・高等学校 IB教育推進部 主席アドバイザー 、 ESN(英語教育総合研究会)総合代表

17:00~17:30

「私学の国際交流とトレンド」ISS国際交流センター

「語学習得」だけが留学の目的ではありません。渡航先のバリエーションも広がっています。 海外研修のトレンド、各学校様のユニークな取り組みをご紹介します。

17:30~17:50

「フィリピン語学学校講師によるワークショップ」  現在語学研修先として人気のあるフィリピン・セブ。  その中でも優良校として定評のある語学学校の優秀なベテラン講師を選抜の上招聘致します。  現役講師によるフィリピン語学研修のデモレッスンをお楽しみください。

あと10名の残席です!【7/20|東京】ESN主催「探究×英語セミナー|大学教授・高校教師・高校生が語る探究の方向性」!!

0720探究告知用チラシ-2

かえつ有明中高の山田先生(ESN CT研究代表)、立命館大学教授の薄井先生をお招きし、「探究の方向性」について深掘りするセミナーを開催いたします。英語教育に限らず、探究のご指導に関わりのある方々のご参加をお待ちしております。

■申 込  http://es-network.org/?p=12120

■プログラム

第1部 山田 英雄 かえつ有明中・高等学校  英語科教諭

     教師の学びが変われば生徒の学びも変わる!学校で学ぶとはどういうことか?

後半 ★在校生が語る探究の成果 かえつ有明中・高等学校 在校生 発表

第2部 薄井 道正  立命館大学教育開発推進機構  教授

時代を切り拓く「探究の力」を育む

■日 時 2019年7月20日(土)

■場 所 株式会社ネリーズ セミナールーム
東京都千代田区富士見2-11-3 研究社富士見ビル2階

■対 象 小中高教員、大学入試広報担当、教育関係者

■定 員 先着30名

■費 用 無料

■アクセス   JR総武線「飯田橋」駅 西口改札口 徒歩約5分
東京メトロ有楽町線、南北線「飯田橋」駅 神楽坂方面B2a出口 徒歩約5分
東京メトロ東西線「飯田橋」駅 A4出口 徒歩約5分

夏の特別セッション・第22回 有志教員によるTOK定例学習会@立命館東京キャンパス

PDFによる案内文はこちらのリンクよりご覧いただけます↓↓↓
http://urx2.nu/v9JO
                       発起人:小澤大心
所属:Aoba Japan International School
協賛:立命館アジア太平洋大学(APU)関係者各位「有志教員によるTOK定例学習会」では、参加者同士の授業実践・教材研究を共有する場をつくること
を目的としております。

TOK(Theory of Knowledge:知の理論)は、IB(国際バカロレア)のディプロマ プログラム
において中核となる学習の一つで、Critical Thinking(批判的思考)を体系的に培う学習とし
て広く注目されています。

皆様と共に協働的な学びの場を生成していきたいと考えておりますので、
ぜひご関心のある方は奮って参加いただければ幸いです。

新年度からは年3回のセッションとなりますので、
ご理解のほどどうぞよろしくお願いいたします。

 

申込リンクはこちら↓↓

http://urx2.nu/S0jy

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夏の特別セッション
第22回「有志教員によるTOK定例学習会@立命館東京キャンパス」
テーマ「TOK学習活動の実践と授業作り提案」

【参加費・無料・要申込】
日時:2019年7月13日(土)10:00~16:00 (受付:3階エントランス 9:40より)
定員:70名(先着順)
場所:立命館東京キャンパス サピアタワー8F
(〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目7−12)
JR東京駅日本橋出口より直結(徒歩約1分)
http://www.ritsumei.ac.jp/tokyocampus/access/

協賛:立命館アジア太平洋大学(APU)
後援:アオバジャパン・インターナショナルスクール
ESN英語教育総合研究会
株式会社ネリーズ

<当日のスケジュール>
10:00~10:10 開会(あいさつ)
10:10~11:40 第1セッション
昼休み
12:50~14:20 第2セッション
14:30~16:00 第3セッション

*昼休み中は、一度退館いただき、第2セッション前に再入館の手続きをお願いします。

<当日の登壇予定者>
・小澤 大心(アオバジャパン・インターナルスクール)
・武藤 哲司(ぐんま国際アカデミー中高等部)
・ダッタ シャミ(東京学芸大学 准教授)
・小林 直貴(東京学芸大学 教職大学院 教職修士2年)

*上記の内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

<新年度のスケジュール>
12月、3月の年3回を予定

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー※本学習会は国際バカロレア(=IBO)公認のセミナーではございません。

日本の小学校として初めて国際バカロレアPYP校として認定!!

皆様ごきげんよう。聖ヨゼフ学園小学校は、1953年に71名の子どもたちと共にスタートしました。長い歴史の中で変わらずに受け継がれてきたものがあります。それは、信仰・希望・愛です。その価値の中で、子どもたちが神様から与えられた賜物に気づき、それを活かそうとし、社会に貢献できる人を育んできました。

スクリーンショット 2019-05-22 21.09.39

社会は刻々と変化しています。将来予想がつかない社会の中で様々な課題や問題に直面しても、自分で解決していくことが求められます。それが幸せに生きることにつながります。それには、普遍的な価値観を持って、自分で考え、判断し、行動できる人となることが大切だと考えています。

2018年1月、本校は、日本の小学校として初めて国際バカロレアPYP校として認定されました。今後、国際バカロレアの教育を推進し、新たな時代を生き抜く力を身につけ、人間力を高め、自分の生き方を決めていく力を育みます。

続き・・・


 

「English 4skills」!!

2018年 4月 サービス開始

英語4技能をオンラインで身につけるEnglish 4skills

スクリーンショット 2019-05-12 0.10.04

「読む」「聞く」「話す」「書く」の英語の力が必要とされる時代。2020年の大学入試に向けて英語4技能をいつでもどこでもオンラインで学習できる。学校向けのサービスです。

学校向けサービス「English 4skills」とは

スマートフォン、タブレット、パソコンを使い、英語4技能(話す、書く、読む、聞く)のトレーニングと英語の検定試験対策ができる英語4技能学習&テストのサービスです。 生徒と先生、双方にさまざまなメリットがあり、これからの時代の英語学習を効率的にサポートします。

https://e4skills.com

 

【締め切り間近!!】5月18日(土) NPO学校支援協議会セミナー! 「国際化する公立高校と私立!」 ~90分間徹底討論 “頑張れ日本の私学”~

20190518シンポジウムスライド

「国際化する公立高校と私立!」 ~90分間徹底討論 “頑張れ日本の私学”~

近年、国際化する公立高校やインター校への人気が高まっています。今回は、国際教育の専門家が集まり、90分間徹底討論を行い日本の学校・教員が持つ課題を語ります。各分野の専門家から本音トークを聞き、“理想の国際化高校”とはどのようなものか提言します。特に、グローバル担当管理職、英語科や帰国生教育、教務ご担当の先生方にご参加をお願いします。
内 容:
 国際化する公立高校を超える学校にするには?
 日本の高校生の英語力はこのままで大丈夫か?
 なぜIB校が増えないのか?
 国内のインター校に保護者は何を期待しているのか?
 アジアの高校生と日本の高校生との違いは何か?
 帰国生教員が感じる日本の学校の「ここが変!」とは?
 ここだから言える理想の国際化高校とは?

日 時:2019 年5 月18日(土)14:00~シンポジウム 15:30~16:00 交流会

共同司会者: 久保敦(聖ヨゼフ学園中高 IB 教育推進部 主席アドバイザー)
高瀬 聡伸(十文字学園中学校・高等学校 英語科・国際交流部長)
パネリスト: 後藤健夫(教育ジャーナリスト)
小澤大心(アオバジャパン・インターナショナルスクール 教諭)
伊藤健志(立命館アジア太平洋大学 APU 東京オフィス 所長)

会 場: 立命館東京キャンパス(東京駅八重洲北口、大手町駅B7出口)
定 員: 60名
受講料: お一人3,000 円