【拡散希望】”入試”の枠組みを超えた英語力養成を考える 〜大学入試検討委員会の報告〜!!

2021/10/09 (土)
15:00 – 16:30 JST カレンダーに追加会場オンラインチケット

(1)Zoomミーティング(当日の質疑応答あり)
(2)YouTubeLIVE(視聴のみ)

【本セミナーの開催主旨】
先日、7月30日、萩生田文部科学大臣が正式に「英語民間試験を『共通テスト』に活用すること」を断念するとの発表がありました。その判断のもとになったのが有識者の方々の提言です。

文部科学省は令和元年12月に、有識者による「大学入試のあり方に関する検討会議」を発足しました。その会議は令和3年6月30日に終了し、その中で出てきた提言は7月8日に公開されました。(https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/103/toushin/mext_00862.html

本セミナーにご登壇いただく渡部良典先生(上智大学言語科学研究科教授)はその会議の委員として参加されておられました。

本セミナーでは、その会議の中で何が論点になっていて、どのような視点のもとどのような提言がされたのかというテーマから、改めて「入試ありき」ではない「求められる英語力の養成」を整理し直すことを目的とします。また、その機会を教育現場で日々指導にあたられている教員の皆様との意見交換を通じて進めていきたいと思います。

この文章の最後に、渡部先生よりメッセージをいただいております。ご一読いただき、是非、この機会に一緒に考えていただければと思います。

■対象者:学校・塾などで英語指導をなされている方であればどなたでも。※1チケット=1アクセスでお願いします(回線確保のため)
■日時:2021年10月9日(土)15時分〜16時30分 ※質問多数の場合「放課後タイム(延長)」あり
■会場:オンライン ※ZoomミーティングかYouTubeLIVEでご参加ください。
■チケット:以下のうち、どちらか一方のみをお申込みください。申込締め切りは10月8日23時59分
 (1)Zoomミーティング(チャットにて質疑応答に参加できます)・・・定員80名
 (2)YouTubeLIVE(視聴のみ)・・・定員200名
■入室についての注意事項
 ・入室のURLは、お申込み者の皆様に当日10月9日12時頃を目処にPeatix経由でお知らせします。
 ・ZoomやYouTubeの操作などに関するお問合せには対応致しかねます。予めご了承ください。
 ・入室後の「録音」「録画」「スクリーンショット」についてはご遠慮ください。

☆当日参加された方の中で、ご希望の方には、池田真 先生(上智大学文学部教授/日本CLIL教育学会副会長)の講演集『教育現場でのCLIL活用のポイント』をお送りします。(応募方法などの詳細は当日お知らせいたします。)

続き・・・

言語を通じ文化を学ぶ…心の教育に力を入れる洛南高等学校附属小学校の英語教育!!

京都府向日市にある洛南高等学校附属小学校では、小学校から中学・高等学校までの12年間をかけてアカデミックな英語を学ぶ。先を見据えたレベルの高い英語教育においてTOEFL Primaryをどう活用しているのか。中学、高校での英語指導を経て、同小学校で英語と道徳の授業を担当する渉外主任の片山泰幸先生に話を聞いた。

真言宗を礎に心を学ぶ

–洛南高等学校附属小学校の教育全般の特徴について教えてください。

 本校の始まりは、平安初期に弘法大師空海が庶民のための教育の場として創られた日本最初の私立学校「綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)」までさかのぼることができます。仏教校として真言宗の教えに基づいた心の教育に力を入れています。週一度、道徳の授業で宗教について学ぶほか、宗教行事を大切にしており、弘法大師の月命日に行われる御影供(みえいく)という法要や、お釈迦様のお誕生をお祝いする花まつり、お寺に泊まって写経や掃除をしたりといった宿泊学習もあります。仏教が日々の礎になっていますが、その教義や由来などに重きを置くというよりも、子供たちが自分自身を振り返り、心を静める時間をもつことをもっとも大切にしています。

続き・・・

映画・洋楽×ICT」この授業って大丈夫?!〜授業目的公衆送信補償金制度から考える〜!!

ディズニー映画やビートルズの曲を使って授業をしたことはありませんか?「映画」や「洋楽」は生徒たちが英語に興味を持つきっかけとなる有効な手段です。

しかし、コロナ禍で増え続けるオンラインでの授業や課題において、著作物の適切な取り扱い方法がわからず、お困りの先生方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。場合によっては、知らないうちに”アウト”な運用をしてしまっていることも?!

実は、そんな方にこそ知っていただきたいのが「授業目的公衆送信補償金制度」です。2021年4月より本格的にスタートした同制度では、著作権者に対して補償金を支払うことで無許諾で映画や洋楽などのコンテンツを利用できようになりました。

上手に活用すれば、授業の可能性が無限大に広がること間違いなし!せっかくの制度を活用しない手はありません。

そこで今回のセミナーでは「授業目的公衆送信補償金制度」を紐解き、オンライン授業でのお悩みポイントを解決する場を設けました。今後の授業実践に役立つポイント満載ですので、ぜひご参加ください!

続き・・・

【夏休み緊急会議】探究学習、正直どこまでやりますか?! 〜 現役教員の本音と建前 ~

いよいよ来年度から全国の高校に科目探究が導入されます。しかし、総合学習との違いや、科目探究についてどこまで真剣に取り組むべきなのか、真剣に悩んでいらっしゃる先生方も多いのではないでしょうか。

文部科学省の問題意識にも理がある一方、探究活動を本格的に授業現場に盛り込むための課題は山積みで、今回の学習指導要領改訂はもはや教員にとって“チキンレース”の様相を呈しているといっても過言ではありません。

そこで今回は、前倒しで探究活動に積極的に取り組んできた私立中高の先生方をお招きし、受験指導との両立や学校広報への影響、ルーブリックの作成や教員同士の連携について、成功事例や失敗事例を共有する場を設けました。

ぜひご参加ください!

【このような先生方におすすめ】

  • 科目探究で何をやったらいいか悩んでいる
  • 科目探探究と受験指導のバランスを探っている
  • 探究活動を入試広報につなげたいと思っている
  • 探究活動のルーブリック作成に悩んでい
  • 探究活動の推進に周りの教員とどう目線をあわせるかなやんでいる
  • 他校での探究学習の成功事例や失敗事例について知りたい

【開催日時】
2021年8月22日(日)13時00分〜14時30分(12時50分開場)

【参加費】
無料

【開催場所】
zoomウェビナー
※別途当日使用するzoomURLをご連絡させていただきます。

【タイムスケジュール】
■ご挨拶
 13:00-13:05 登壇者紹介
■第1部
 13:05-13:20 今さら聞けない!探究学習のポイント
       ・問題意識
       ・総合的な学習の時間と何が違うの?
       ・総合探究と科目探究の違いは?
       ・探究学習に求められる具体的なプロセス

■第2部
 13:20-14:30 来年度、ここまでやるつもりです!(先生方によるパネルディスカッション)

【登壇者(予定)】

久保敦先生(聖ヨゼフ学園中学校・高等学校 IB推進部 主席アドバイザー)
ESN英語教育総合研究会総合代表。国内・国外の私立学校に勤務。英語科・国際理解教育・情報教育・IB(国際バカロレア)教育・学校改革が専門分野。
ESNは、次世代の英語教育ファシリテーター育成を支援するための研究会です。本研究会では最先端の教育の研究されている方を各研究代表に置いています。研究領域は、IB研究、CT研究、ICT研究、21世紀型スキル研究、New Treasure研究、小学校英語研究、探究など、広範囲にわたります。これらの研究の優れた授業実践や教材を皆さまと共有し、日本の教育に新しい風を吹かせていきたいと考えております。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

高瀬聡伸先生(ESN英語教育総合研究会 総合副代表)
都内私立勤務 英語科。過去数年、探究係を務め学園の探究活動を牽引。成功と失敗の経験をベースに現在ルーブリック作り奮闘中。

田中理紗先生(かえつ有明中・高等学校)
サイエンス科・プロジェクト科主任。帰国生教育、探究プログラムを牽引。東京学芸大学教職大学院では新学習指導要領と国際バカロレアのTOKの趣旨を踏まえた授業づくりに関する研究に取り組んだ。

難波俊樹先生(東京女子学園中学校・高等学校)
先端学習部長。総合的な学習・探究の時間を担当。PBL、企業連携の授業も実施。 日本アクティブ・ラーニング学会で現在は「探究と評価」の規準制定に携わる。 ※日本アクティブ・ラーニング学会は中高の先生方中心の学会です(http://jals2030.net

【ファシリテーター】

小泉純(コトバンク株式会社 代表取締役)
東京大学卒業直後に起業。企業向けオンライン語学研修を開発・提供。2015年に東京工業大学向けの英語教育プログラムとして音読アプリ「リピートーク」を開発し、特許取得。以来、教育機関向けSaaS事業として同アプリを展開している。オウンドメディアではポッドキャスターとしての情報配信も行っており、自身の番組は“Apple iTunes BEST of 2015”に選出、日本ポッドキャストアワード(2019)にノミネートされた。

【共催】
ESN英語教育総合研究会
コトバンク株式会社

申し込みはこちらから ここをクリックしてください。

留学生ボランティアメンターの募集!!

今年の9月にもアジアから多くの留学生が日本の高校2年生に編入する予定です。北海道から沖縄までの全国に100名以上の留学生(現地で2年間日本式教育を受けてきた優秀な生徒)を派遣しています。

彼らの相談役としてボランティアメンターを募集しております。ご関心のある方は、是非ともご登録をお願いいたします。

●メンター制度とは、留学生が日本に滞在中の相談役の方のことです。特に首都圏や関西圏を中心に日本の生活や習慣に慣れない時、困った時、悩みなどがあった時など親身になって相談できる日本在住のとても大切な方です。現在は、中国からの留学生が多いため、中国語と日本語の両言語ができる方を募集しております。今後は、他のアジア言語にも対応したいので対応言語を記載して頂ければ幸いです。

​詳細な内容は、次のサイトをご覧ください。ここをクリックしてください。

海外で教師として勤務してみませんか!!

中国の学校で働いてみませんか? 上海、深圳、湖南長沙、四川成都、江蘇蘇州などの地で日本語、数学、理科、体育教師を常時募集中!

(新学期は9月から。後期は2月下旬から。勤務開始日は相談可能)。

今回募集する教師の方には日本へのツインプログラム(2年間中国で学んだ後、日本の高校に編入して、日本の大学に進学するシステム)のコースを担当していただきます。 海外でチャレンジしてみたい、グローバル人材を育てたいと考えている方は是非ご応募下さい。

【募集元】

信男教育学園 (当学園日本語ホームページ http://www.xinnan.jp を参考ください)

勤務地1: 上海市閔行区など

勤務地2: 深圳市龍岡区など

勤務地3: 湖南省、四川省など

勤務地4: 江蘇省蘇州など

 (2021年9月からの勤務となります)

【募集職種と条件、待遇】

職種 (任期長期歓迎、最低1 ~ 3年)

1, 理科、数学教師

2, 国語教師、日本語教師

3, 体育教師(クラブ活動担当)

4, 中国人助教、スタッフ

募集条件

理科・数学、体育教師:

 1, 大学にて教職課程を学んだ者

 2, 健康で中国の文化や社会を理解し、教育事業に貢献できる者

 3, 男女不問、年齢 65 歳までその他大学以上の卒業証書または教員免許状 (教員免許

お持ちのない方は2年間関連仕事をした証明書)。

  *授業担当: 高校1年・2年生に日本語で理科・数学を教える。教材は日本の高校と同じものを使用。

国語教師、日本語教師:

 1, 大卒

 2, 健康で中国の文化や社会を理解し、教育事業に貢献できる者

 3, 男女不問、年齢 65 歳まで 、その他大学以上の卒業証書、資格証明 ( 国語免許、日

  本語教師資格証、420時間日本語教育指導者研修を受けた終了、または2年間経験証

  明書等、高校国語教諭免許あれば優先)、無犯罪証明証など。これらは在日本中国領

  事館の認証も必要です。

中国人助教、スタッフ

1, 大卒(海外留学経験ある方が優先)

2, 日本語教師資格または高校教師資格ある方優遇

3, 学校教育に熱心、国際教育に理解と努力する方

4, 男女不問、年齢不問

信男教育学園

SCHOOL XINNAN EDUCATION

待遇:

1, 理科・数学教師: 最大毎月30000元 ( 経験者は更に優遇あり)

   体育、日本語教師: 最大毎月20000元

注: 中国と日本の為替レートは約1:16です。

(賃貸マンションやアパートの探しを手伝い、入国日から入居できるように手配する。日本の年金補助、各種手当などが含まれています。)

 2, 就労ビザ支給、ビザ申請費用は学校が負担(中国国内支出分)

 3, 海外医療保険年間最大10000元負担可能

 4, 毎年昇給あり

 5, 年に一回日本中国間エアチケット学校が無料用意

 6, 住まいはインターネット、環境、空調、冷蔵庫、自炊設備など完備、光熱費のみ本人負担

 7, 社員研修制度あり、社員旅行あり

 8, 年間有給休暇あり (夏季休暇・冬期休暇あり)

 9, 勤務年数手当や、祭日慰問金、年末ボーナスなどあり

10, 中国人助教及びスタッフの初任給は ~12000元、学歴、資格及び仕事の経験により、面接後に決定。(保険などについては、国の規定に沿って実行する)。

【応募について】

募集人数 各科各地とも若干名

締め切り 中国大陸ではビザ手続きから勤務まで3ヵ月ほどかかります。まずは履歴書送信の上、お問い合せ下さい。

問い合せ先: xinnan@xinnan.org   rorin@xinnan.org

教え子のボランティア活動にご賛同ください!!

はじめまして!16歳、活動家のレイア・ベイです。

私は、新型コロナの自粛期間中、「幼いころから好きだった絵を使って社会貢献したい」という想いから、オンラインのブランドを立ち上げました。

ネット上でオリジナルグッズを販売し、その利益を様々な団体に寄付するプロジェクトを行っています。自分のデザインで皆様に幸せになっていただきながら、困っている方々を救いたい。その一心で活動してまいります!どうぞ、応援よろしくお願い致します!

現在はユニセフが行っている新型コロナウイルス緊急募金への寄付金を集めています。

プロジェクト開始までのストーリーや商品情報は、こちらのURLからご覧ください!

HOME | Reia Bay Site (wixsite.com)

3/28(日)ESNオンラインイベント 「テストの在り方を考え直そう!対策から子どもの日常の成長を促すツールへ ~多様な民間試験導入の可能性~」

ESN春季セミナーを開催いたします。多くの方にご参加いただければ幸いです。申し込みなどの情報は、追ってお知らせいたします。

変化の激しい時代に対応するために日本の教育全体が変わらなければならないことは自明のこと。しかし、「高大接続」というテーマは「入試改革」にのみフォーカスされ、議論が集中してきたように思います。問われるべき本質は、日常の教育の改善であり、入試の改革に置きかえられるべきものではないはず。今回のオンライン研究会では、日常の教育活動において、子ども達の成長を促すテストのあり方について、多様な民間試験と共通テストを比較しながら皆様と考えていきたいと思っています。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

鮫島 慶太|基調講演・メインファシリ―テーター


<<講演者・ファシリテーター>>

第1部 基調講演 

    ①鮫島 慶太|共立女子中学高等学校 英語科教諭 進路指導部長/ESN関東地区代表、CT研究副代表

第2部 外部試験比較ワークショップ ESN研究員5名

第3部 TOEFL Primary /Junior 活用事例紹介

    ①町田智久|国際教養大学 准教授  

    ②赤塚祐哉|早稲田大学本庄高等学院教諭・同大学情報教育研究所研究所員


<<プログラム>>

▶8:50 Zoom入室開始 

▶9:00 開演、ESN代表挨拶、司会より事務連絡 

▶9:10 第1部 基調講演 鮫島 慶太 先生 10分 

▶9:20 第2部 前半 ワークショップ 45分 

  4~5人のグループに分かれ、ESN研究員のファシリテーションにより、各種外部検定試験のサンプル問題を比較しながら、意見交換を行います。 

▶10:05 休憩 10分 

▶10:15 第2部 後半 グループ発表 30分

  ESN研究員のファシリテーターより、グループでやりとりされたことをまとめ発表します。参加者の発言ももちろんウェルカムです。 

▶10:45 第3部 TOEFL Jr/P活用事例紹介 40分 

  TOEFL Primary / Juniorを採用している学校の先生方より、活用事例報告を頂きます。普段、私達がよく目にする英検やGTECと比べ、TOEFL P/Jr.は何が違うのか、学習者への動機づけ、評価ポイント、進路指導へのつなげ方などお話頂く予定です。

▶11:25 閉会の言葉、GC&T代表より挨拶、オンラインアンケートのご案内

▶11:30 閉会 これ以降も質疑応答は12:00ごろまで随時受け付けます。


条 件:学校の先生 その他の関係者は応相談:info@es-network.org 事務局 高瀬

費 用:①ESN会員:無料  ②ESN非会員:2000円 →会員登録無料

人 数:30名(申し込み順)

主 催:ESN英語教育総合研究会

共 催: (株)公文教育研究会 グローバル・コミュニケーション & テスティング


3/28オンラインイベント本申込ページ


3/28オンラインイベント本申込ページESN会員登録ページ(無料)

【オンライン教育座談会】1月22日・大学入学共通テストをテーマに高校教員と悩み事を共有する90分。講師は鮫島慶太氏!!

ESN英語総合研究会の特任研究員の鮫島慶太先生が登壇します。是非、ご参加ください。

2021年1月6日

【オンライン教育座談会】1月22日・大学入学共通テストをテーマに高校教員と悩み事を共有する90分。講師は鮫島慶太氏!!

オンラインセミナー:「親子で共育座談会 〜大学入学共通テストについて考える〜」
対象:高校1年生・2年生 および そのご家族の方(20家族限定)
日時:2021年1月22日(金)19:00〜20:30 
参加費用:無料
参加方法:Zoom
申込方法:Peatixにてお申し込みください https://zj-samejima-0122.peatix.com
2020年に創業130周年を迎えた教育出版社 株式会社増進堂・受験研究社(本社:大阪市西区、代表取締役:岡本明剛)は、これまでも自宅等での自学自習をサポートするため、学習教材・学習環境の期間限定の無料公開や、著名な教育専門家によるオンラインセミナー・ワークショップを実施しております。

その一環としまして、この度は、今年から施行される「大学入学共通テスト」をテーマにして、次年度以降に受験をお考えの高校1年生・2年生向けの教育座談会をオンラインで開催いたします。

続き・・・

Japanese people made 16,000 paper cranes for patients and medical workers!!

Japanese people made 16,000 paper cranes for patients and medical workers here in Minnesota, especially for COVID unite. And many chaplains, hospital staff and patients here worked together for decoration. It became Holiday season miracle. Again, thank you everyone! 日本の皆さんがアメリカの病院の患者やスタッフを想い16,000羽の折り鶴を送ってくれました。そしてこちらの病院のチャプレン、職員、患者さん皆で飾り付けをいたしました。全ては希望を絶やさないために。沢山の応援ありがとうございました。 #AbbottNorthwesternHospital