【拡散希望】多くの方のご参加をお待ちしております。 ESN英語教育総合研究会+ デジタル教材勉強会なごや  第2回コラボセミナー(対面)開催! 

第2回コラボセミナー(対面)開催!

【定員数】 先着 50名 (要事前予約) 【参加費】 無料

【主催】 ESN英語教育総合研究会  株式会社 中日書房

【後援】 名古屋市教育委員会 (予定)

【協力】(株)アイウエア/(株)アルク/(株)NTT Docomo/(株)mpi松香フォニックス/(株)学研プラス/

(株)教育開発出版/(株)コトバンク/コロケーション・リサーチ(株)/(株)城南進学研究社/(株)Z会/

(株)増進堂・受験研究社/(株)デジタル・ナレッジ/(株)ネリーズ/NPO法人 very50

(予定・順不同)

【お申込】 FAX (052)932-2878 もしくは E-mail info@chunichi-shobou.co.jp

 必要事項をご明記いただき、㈱中日書房までFAXまたはメールにてお申し込みください。

続き・・・

ネリーズ・トライアログエデュケーション共催  英語教育セミナー & 教材展示会

2022 年10 月29 日(土) 15:00 開場

TKP 新宿カンファレンスセンター 5 階 5A, 5B, 5D

【日 時】2022 年10 月29 日(土) 15:00 開場 / 18:30 閉場

【参加費】無料 ※要事前申込 

【対 象】英語教育に携わる先生方、幼・小学・中・高校、International School、教育委員会等、教育関係者

「多読」「ダブルディプロマ」の2 テーマについて、それぞれ第一人者の先生に語っていただきます。

また、展示会場では海外出版社のリーダーや多読教材、テキストなどを実際に教材を手にとってご覧

いただけます。

拡散希望!【無料ウェビナー】甲子園優勝の仙台育英学園、グローバルトップ校としてのもう一つの顔!!

東北勢初の甲子園制覇を果たした仙台育英学園。 実は国際バカロレアの認定校であり、東北一のグローバル校というもう1つの顔でも注目を集めています。 今回は、仙台育英学園の常務理事である加藤様に登壇していただき、 仙台育英学園がグローバル進学校への改革を推進する背景や、取り組み内容、課題など、リアルな現場の話を聞いていきます。 学校経営者様、グローバル部門の責任者様、進路指導の担当の方まで必見の内容です。

申し込みは、こちらから・・・

探究実践「3ステップアップセミナー」 第1回:探究実践者と学ぶファーストステップ!!

※必ず、最後の注意事項までお読みいただき、お申込みください。


探究実践「3ステップアップセミナー」 〜第1回:探究実践者と学ぶファーストステップ〜

■日時:2022年10月1日(土)14:00〜15:00 ※進行によっては「放課後タイム」(任意参加)あり
■会場:オンライン ※ZoomミーティングかYouTubeLIVEでご参加ください。
■チケット:以下のうち、どちらか一方のみをお申込みください。(一人一枚)
(1)Zoomミーティング(チャットにて質疑応答に参加できます)・・・定員80名 
(2)YouTubeLIVE(視聴のみ)・・・定員200名

■講師:福島浩介 先生(立命館宇治中学校・高等学校)
■対象者:
・これから探究学習に取り組まれる教員(次年度に担当の予定があるなど) 
・探究実践のポイントを改めて整理したい教員 など
※学校教員向けのセミナーのため、それ以外の方のお申込みはご遠慮ください。

「探究」について、現状は手探りの中で1学期をスタートした学校の先生方や、教科横断や評価方法への漠然とした不安を抱えている先生方も多くいらっしゃると思います。
10月1日(土)の第1回セミナーでは、探究の実践経験が豊富な福島浩介先生(立命館宇治中学校・高等学校)を講師に迎え、実際にどのような指導に重点を置き、探究の実践を続けていくサイクルを組み立ててきたのか、また生徒との関わり合いはどう変化していくのかといった話題に触れていく予定です。
セミナーを通じて、ぜひこれからの実践機会に役立つヒントを見つけていただけたらと考えております。 
また増進堂・受験研究社では、福島先生をはじめとする探究の指導経験が豊富な先生方と実践型の教材『総合的な探究実践ノート』の制作を進めており、第2回(2022年11月予定)、第3回(2023年2月予定)では実際に教材を活用したワークショップを計画しています。現在の指導の振り返りや、次年度からの探究指導を円滑にスタートする全3回のプログラムとなっておりますので、こちらもぜひご参加ください。

☆第1回のセミナーへご参加いただいた先生方には、当日先行して『総合的な探究実践ノート』の見本請求のご案内をさせていただきます。
第2回・第3回のワークショップについても優先的にご案内させていただく予定です。
たくさんの先生方のご参加を心よりお待ちしております。

【申込・参加の注意事項】

・学校教員対象のセミナーのため、それ以外の方のお申し込みはご遠慮ください。(増進堂・受験研究社からのご招待は除く)
・チケットは、「(1)Zoomミーティング」 「(2)YouTubeLIVE」チケットのいずれか1枚をお申込みください。
 Zoomをお申込みの方にはバックアップとしてYouTubeLIVEのURLも同時にお知らせしますので重複でのお申込みはご遠慮ください。
・チケット申込期限は、2022年9月30日20時です。
 定員に達した場合には、期限前であっても締め切りとなりますので、予めご了承ください。
・入室用のURLは、お申し込み者の皆様にセミナー当日10月1日10時までにPeatix経由でお知らせいたします。
 万が一、セミナー当日11時までにPeatix経由で案内が届いていない場合には、Peatix経由で主催者へご連絡ください。
 その際には、申込されたお名前をお知らせください。
・セミナーの撮影や録音、スクリーンショットについてはご遠慮ください。
・ZoomやYouTubeの操作などに関するお問合せには対応致しかねますので、予めご了承ください。

申し込みは、こちらから・・・

Wayland Academy Online 「Dual Diploma J-1 Combination Course」新設開講のお知らせ

Wayland Academy Onlineでは9月1日付にて、リアルな留学体験を通しての多様性の理解、異文化の理解、実践的コミュニケーション力の涵養といった価値を付加した Wayland Academy Online Dual Diploma J-1 Combination Course を新設、開講。同日より申込み受付を開始致しましたので、ご案内いたします。

同コースに申込み、2023年夏出発以降から始まるアメリカ1年間交換留学(J-1 プログラム)の参加者に対し、以下の条件を満たした場合、留学終了時に Dual Diploma Program 修了の要件である6単位のうち2単位を認定し、Onlineプログラムで4単位、J-1プログラムで2単位の計6単位で Wayland Academy Online Dual Diploma Course の修了が可能となりました。

(J-1 Combination Courseを選択した場合でも、Wayland Academyの正規卒業資格の取得、海外大学進学保(1校)の条件に違いはありません)

            <単位認定条件>

           ・アメリカ政府が認定したJ-1プログラム実施校が留学先であること

           ・受講希望者がJ-1 プログラム参加要件を満たしていること(英語力他、現地受入機関が定める条件等)

・J−1プログラムを修了すること(修了時に成績表を提出していただきます)

           ・J−1プログラム開始時に単位認定対象科目を設定し、設定した科目の成績が“C”以上であること

           ・上記を含め、重複を避けるなどOnlineプログラムで取得する単位・科目との調整が事前になされていること

J-1プログラムで履修する科目については、通常、現地の高校生活が開始される時点で確定します。また受講生個々の学年、受講希望科目によって全体の受講内容が異なりますので、J-1 Combination Courseを受講される場合、Wayland Academy Online入学事務所にて、コースの申込時及びアメリカ留学開始時に取得単位の内応を調整、確認致します。(通常の現地校の授業を履修していただければ、問題なく全体の調整は可能ですのでご安心ください。)

J-1プログラム自体の参加要件を満たしているか否かにつきましては、コース申込前に、Wayland Academy Online当入学事務所にて確認致します。

コースに申し込める受講生は、申込時、中学3年生以上高校2年生まで、J-1プログラム開始時高1以上、となります。

J-1 Combination Course 受講の1例ですが、①中3夏申込み→②中3夏〜高1夏までにOnlineプログラムで2単位を取得→③高1夏〜高2夏の期間のJ-1プログラムで2単位取得→④高2夏〜高3夏までにOnlineプログラムで2単位取得し6単位取得を完了、が可能です。

また、J-1 Combination Course申込受付開始と同時に同コースの申込者の中から、限定5名さまでモニター募集を行なっておりますので、こちらもご検討願います。

当該コースの新設により、Onlineだけではなく実際に留学もしたいという多くの皆さまの声にお応えできますと幸いです。

本件に関するお問合せ、ご質問に関しましては、info@one-each.co.jpまでお願い致します。

Wayland Academy Online 入学事務所より

(リアルな留学で単位の取得が可能に)

拡散希望!!【SDGS×探究×グローバル×アントレプレナーシップ】世界で挑戦できる生徒を育む教育をつくる方法 !

2022年8月19日

SEPTEMBER 1, 2022 | 17:00 – 18:00
ROOM: VCT SPACE (CIC TOKYO)

※本セッションは、ハイブリッドセッション(現地参加+オンライン視聴)です。オンライン参加ご希望の方は本ページから事前登録(上記)、現地参加をご希望の方はこちら(Peatix)から事前登録をお願いします

主催者:Global Stage Inc.

現地会場:CIC Tokyo(東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ヒルズビジネスタワー 15F)

概要:

グローバル化や多様化が急速に進み、ますます混沌とする世界において、答えのない課題と向き合い、未来を変革する次世代人材を育むために、学校ではどんな教育に取り組むべきか。GDPに占める教育投資が先進国平均を大きく下回っている日本はこのままでよいのか。

本セッションでは、2020年より米国で学校の先生たちとともに実践型SDGs教材によるグローバルSTEAM教育『InterEd(インターエド)』を開発するGlobal Stage Inc.の代表・大洲が登壇。国際バカロレアプログラムの主席アドバイザーとして活躍する聖ヨゼフ学園中学校・高等学校の久保敦先生をゲストとしてお迎えし、国際的な観点を含めながら日本の中学校・高等学校を中心とした教育の現状と課題を整理し、課題解決の具体的な方法に関して、社会が果たせる役割についてお伝えします。

世界を取り巻く環境がどうあろうと、子どもたちには関係ありません。自分が夢中になれるテーマを発見し、主体的に考えたり行動しながら、その創り出した未来を生きること。社会に価値をもたらすこと。そんな循環が生まれる社会にしたい。

そのために大人たち一人一人が、当事者意識を持ってこの問題に取り組む必要があります。一人でも多くの方のお力が必要です。このセッションを通じて、あなたも教育エコシステムの一員になりませんか。

続き・・・

新時代に生きる力を育み、児童一人一人の可能性を広げる(徳島県 生光学園小学校)!!

徳島県にある学校法人生光学園は、同一敷地内に3歳から18歳までの園児・児童・生徒が在籍する私立総合学園だ。グローバルな視野のもと、幼稚園から教育を実践し、英語教育にも力を注ぐ。現在、小学5年生になる安藝魁真(あきかいと)君は、幼稚園の頃から生光学園に通い、着々と“英語運用能力”を伸ばしてきた児童の一人だ。生光学園では、独自のカリキュラムやTOEFL®テストを活用しながら、国際的に活躍できる人材の育成をめざしている。

続き・・・

<InterEd(インターエド) 学校等向けサマーキャンプ探究プログラム説明会:6月15日と23日に開催決定!>

2022年夏、もっと世界を知る!
世界の起業家とつながるサマーキャンプ探究プログラム for schools

InterEdは社会課題に挑戦するグローバル起業家のストーリーから学び、課題発見から起業家へのピッチまで、地球の未来を担う中高生に向けて人生を変える開眼体験をご用意しました。

2022年夏もコロナ渦で学校からの海外留学プログラムは難しい。でも、生徒たちに有意義な夏休みを過ごして欲しいと願う先生方へ。まだ間に合います!グローバル教育、STEAM/探究学習から起業家精神教育まで、中高生が21世紀を生き抜くためのスキルを育むために設計された米国発のプログラムを、学校などで独自に開催するサマープログラムとしてご導入、運営してみませんか?

▼InterEd サマーキャンプ探究プログラム for schools 説明会お申し込みフォーム:
https://intered-summercamp-educators.peatix.com

学校・塾・予備校でサマープログラムとして運営する場合の特典:
・サマーキャンプ探究プログラムの対象期間終了後も継続してプログラムを使用する場合は契約金額から20%オフ!
・夏休み期間終了後も、InterEdのプラットフォームをさらに3か月(11月末まで)継続して活用できる!
・本プログラムの前後で実施するオンライン調査とヒアリング(45分)にご協力くださる先生にAmazonポイント(5,000円相当)を進呈!

∽∽───────────────────────∽∽
世界の起業家とつながるサマーキャンプ探究プログラム for schools 学校等向け説明会

★学校向け説明会にご参加ください(参加無料)★
日時:
第一回:2022年6月15日(水)16:00-16:45
第二回:2022年6月23日(水)16:00-16:45
※内容は同じです。どちらかを選択ください。なお、ご都合がつかない場合は個別説明もしくは説明会の録画リンクを共有いたします。

アジェンダ:
1.InterEd(インターエド)とは?
2.サマーキャンプ探究プログラムの内容(海洋プラスチック問題やファッション業界のサステナビリティまで世界を探究する多様なコンテンツ)
3.InterEdのサマーキャンプ探究プログラムを実施する場合の効果的な組み立て方
4.FAQ

学校等向け説明会のお申し込みはこちら ≫ 

https://intered-summercamp-educators.peatix.com

∽∽───────────────────────∽∽

▼InterEd(インターエド)/世界の起業家とつながるサマーキャンプ探究プログラム for schools よくあるご質問(FAQ)▼

○何がプログラムに含まれていますか?

⭐︎サマーキャンプ探究プログラムを運営するためのツール類
6日間(2コース分、各コース7-9コマ分のレッスンが含まれる)の指導案(レッスンプラン)をベースに様々なアクティビティを提供します。運営や準備のための時間や手間を減らすため、既成のステップバイステップのレッスンプラン、生徒用ワークシートなどの配布物、スライド、および評価ツールが提供されます。また、生徒と先生は上記が含まれたプラットフォームに自由にアクセスできます。

⭐︎世界の起業家とつながる!ライブセッション
サマーキャンプ探究プログラムで制作したプロトタイプや作品などを国内外で活躍する起業家や有識者に英語でプレゼンするセッション(50分)をご用意します。チームで協働し、考えたアイデアや作品にビジネスの第一線で活躍する人々のフィードバックをもらいながら、実際に地域社会や世界の課題解決に向けてのアクションを起こすきっかけとします。

⭐︎先生向けトレーニング+継続サポート
生徒の開眼体験につながる効果的な学びをもたらすため、すべての先生やファシリーテータにオンライントレーニングと毎週のオフィスアワー(※)が提供されます。
※先生やファシリテーターからの様々なご質問や相談にお応えするための各週で設けられる時間帯、夏休み期間中のみ

○サマーキャンプ探究プログラム for schoolsに参加すると生徒はどうなりますか?

・世界の起業家とオンラインでつながり、世界の最先端を知ることができる
・修了証発行あり!米国の中学校/高校で使われている最新のSTEAMプログラムを体験できる
・エンジニアなどSTEAM分野のキャリアの話を海外で活躍する起業家から聞ける
・総合型選抜対策に!世界的な問題に関して、自分のアイデアのタネを考えられる
・アイデアを世界の起業家に英語でプレゼン!直接フィードバックやアドバイスがもらえる

○学校や塾、予備校で開催する場合、どんな準備が必要ですか?
プログラムを進めるファシリテーターとなる先生(参加者人数によって複数名、英語で実施する場合はネイティブ教師など)が必要となります。
※対面型で実施する場合は参加者を収容できる教室、ホワイトボードやマーカー、各グループで最低1台のiPadなどのタブレット端末もしくはノートパソコン、インターネット回線など

○対象学年は?
中学校1年生から高校3年生までが対象です。

○英語版もありますか?
InterEdは、米国で活躍するSTEAM関連の教育者によって英語ベースで開発されたプログラムです。そのため、英語版があります。また、日本語に完全にローカライズされた日本語版もあります。参加者の英語レベルによって、両方を混在させた形で進めることも可能です。なお、英語版で使用する場合は、目安として英検準1級程度以上の英語力が必要です。

○サマーキャンプ探究プログラムが終わってもプラットフォームにアクセスできますか?
サマーキャンプ探究プログラムを購入すると、ボーナス特典として、InterEdのプラットフォームをさらに3か月使うことができます。2学期に入ってからも継続してInterEdのプログラムで世界を探究し、サマーキャンプとは違う起業家のテーマ(AIやAR/VR、ドローン などSDGsと連動した最先端のテクノロジーテーマ)をプロジェクト型で進めることができます。

○このサマーキャンプ探究プログラムはオンラインでも使用できますか?
はい、可能です。Zoomなどのバーチャル会議ツールを活用して、スムーズに授業が進められるようにレッスンが組まれています。

○最低参加人数はありますか?
原則として20名以上で開講可能です。
※20名を下回る場合は、個別にご相談ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
● Web :InterEd サマーキャンプ探究プログラム for schools
学校向け説明会のお申し込みはこちら ≫ https://intered-summercamp-educators.peatix.com
● 電話でのお問合せ(平日10:00-16:00)
⇒ 050-5534-3049
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ESN×SW主催【英語教育向け無料セミナー】~現場教員が語る~ 本来業務に専念するための英語ライティング添削のあり方!!

※お申込み方法※
Peatix上ではなく、下記のフォームからお申込みください。
https://forms.gle/cjQfJX1eAmgxRmNJ6

学校の英語教育では、4技能5領域の指導が求めらえる中、スピーキングやライティングなど、生徒の大量のアアウトプットをいかに公平に、効率よく採点するか、フィードバックするか、観点別に組み込むか、などが大きな話題になっています。

そんな中でひそかに注目を集めているのが、ライティング添削サービス。国内で日本人が添削するものから、外国に委託して外国人が添削するもの、AIが自動添削するものなど、年々サービスの幅が広がっています。

このように、様々なライティング添削のアウトソーシングが注目される中、「評価の妥当性」「継続可能な回数と費用」「添削フィードバックまでの待ち時間」など、実際に添削サービスを利用する現場の様々な声がESN研究会にも届くようになりました。

そこで今回、英語ライティング添削サービスの老舗「株式会社スクールウィズ」と「ESN英語教育総合研究会」がタッグを組み、外国委託型の添削サービスのメリデメについて、徹底的に考察するセミナーを開催することとなりました。

現場の教員が「本来業務」に専念するために、ライティング添削サービスをいかにうまく活用しているか、ぜひこの機会にそのノウハウをシェアしますので、ご参加ください。

【このような先生方におすすめ】
・ライティング添削ってどこまで本格的にやっているのかを知りたい
・英語科の業務負担とどう向きあっているのかを知りたい
・添削サービスを利用することによるメリデメを知りたい
・実際に長くライティング添削を活用するコツを知りたい
・生徒のライティング力は実際どう伸びているのかを知りたい

【日時】
2022年7月2日(土) 16:00~18:30(15:30開場)

【会場】
※オンライン、オフラインのハイブリッド型での開催
・現地参加:co-ba ebisu (恵比寿駅徒歩8分)東京都渋谷区恵比寿西1-33-6 1F
・オンライン参加:オンライン生配信

【参加費】
無料

これはお薦めです! 中学生・高校生に特化英作文添削代行サービス!!

こんなお悩みありませんか?

添削する時間が膨大で先生の時間が足りない
・先生によって指導方法にばらつきがあり統一が困難

・ライティングの評価方法の統一が難しい

・英作文のテーマが自由に設定できない
手書きに対応したサービスがない

Writewithとは

海外留学エージェントであるスクールウィズが、海外の語学学校と連携して提供する新しい英作文添削サービス「Writewith(ライトウィズ)」です。Writewithは第一線で活躍する英語教員で構成されている英語教育総合研究会(ESN)との共同研究により誕生しました。英語教員からのフィードバックをもとにサービス改良を重ね、現在多くの学校法人に導入されています。

続き・・・