日本フード協、立命大講義に協力 講師派遣や実地研修!!

日本フード協、立命大講義に協力 講師派遣や実地研修

 

 立命館大学は17日、日本フードサービス協会と包括協定を結んだと発表した。来年春に新設する経済学や経営学を基盤に食を総合的に学ぶ「食マネジメント学部」の講義に、日本フードサービス協会の加盟企業から講師を招く。実地研修などでも加盟企業の協力を仰ぐ見通しだ。

協定を結ぶ吉田・立命館大学学長(左)と菊地唯夫・日本フードサービス協会会長
(17日)

協定を結ぶ吉田・立命館大学学長(左)と菊地唯夫・日本フードサービス協会会長
(17日)

 「食マネジメント学部」の定員は1学年320人。日本フードサービス協会のほか、調理技術などを学ぶ国際的な教育機関「ル・コルドン・ブルー」や滋賀県などの自治体とも提携し、フィールドワークやインターンシップなども強化する。  立命館大学の吉田美喜夫学長は17日の記者会見で「多様な課題が山積する食の現場で活躍するマネジメント人材を育成する」と語った。   続き・・・


広告

第4回「有志教員によるTOK定例学習会@立命館東京キャンパス」!!

みなさまへ

大変お世話になっております。申込リンクを下記の通りお知らせいたしますので、ご関係者への周知をどうぞよろしくお願いいたします。

<申込リンク>
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfgXp0kqoWjt_HcqcbyyjzY1lFo77aIeh57MBSANStaGwY-tQ/viewform

第4回目は、立命館東京オフィスをお借りして定例学習会を開きます。東京駅より徒歩1分の抜群のアクセスになります。積極的なご参加のほどよろしくお願いいたします。

第4回「有志教員によるTOK定例学習会@立命館東京キャンパス」

(協賛:立命館アジア太平洋大学 APU)

テーマ:「知るための方法」の役割に焦点を当てた学習活動の提案

日時:2017年10月27日(金)17:30~19:00
場所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー8階(立命館東京オフィス)
(東京駅の日本橋出口徒歩1分)

ご案内文_TOK定例学習会


 

《大募集中!》ESN研究会 × デジタル教材勉強会 コラボセミナー 第2弾! 「ICTで養成するSpeakingとWriting力 – 4技能入試に向けて」!!

ESN研究会 × デジタル教材勉強会 コラボセミナー 第2弾!

「ICTで養成するSpeakingとWriting力 – 4技能入試に向けて」

中学・高校の英語教諭の方へ 参加費無料/要事前申込

2020年度から導入される新大学入試の動向が注目されるなか、高大接続、グローバル人材の育成、 ICT教育、「主体 的・対話的で深い学び」(アクティブラーニング)の必要性が叫ばれています。そこで、昨年に引き続き、次世代の英語 教育ファシリテーター育成を支援するためのポータルサイト「ESN研究会」と‘気軽にICT活用について勉強しましょう’ をスローガンに実践的な研究を行っている「デジタル教材勉強会」がタッグを組み、セミナーを開催いたします。学校英 語教育のトップランナーである先生方をお迎えし、ICT活用事例、授業実践例を紹介いただきます。また、NEW TREASUREやコロコロイングリッシュをお使いの先生方の意見交換の場としても お役に立てる機会にしたいと存じます。

ESN名古屋セミナー案内


2018年度 第2回 学校法人立命館 専任教諭 募集 【応募期間:2017年10月13日(金)まで】!!

2018年度 第2回 学校法人立命館 専任教諭 募集
【応募期間:2017年10月13日(金)まで】

2018年度 学校法人立命館 専任教諭 募集要項

※2018年度 第1回 専任教諭募集に不合格となった方は受験できません。

採用説明会

以下日程、会場にて、合同採用説明会に出展いたします。
応募に際し説明会への参加は必須ではありませんが、ぜひご参加ください。

  • 9月24日(日)OMM(大阪マーチャンダイズ・マート)B・Cホール
  • 10月1日(日)東京ビッグサイト レセプションホール

※説明会当日、本学は選考を実施いたしません。

合同説明会の詳細は、以下主催者のWebサイトにてご確認ください(学外リンク)。

応募方法

※応募期間中に以下(1)から(3)に定める全ての手続きをとも完了していただくことが必要です。
(1)マイナビ2018への会員登録
(2)マイナビ2018内「学校法人立命館」へのエントリー
(3)応募書類提出(郵送のみ・最終日消印有効)
※エントリーの前に、必ず募集要項をご確認ください。

(1) マイナビ2018への会員登録

こちらのバナーをクリックしてマイナビ2018に会員登録をして下さい。

(2) マイナビ2018内「学校法人立命館」へのエントリー

こちらのバナーをクリックしてマイナビ2018内の「学校法人立命館」のページへ進み、エントリーを完了して下さい。

マイナビ2018

(3) 応募書類提出(郵送のみ・最終日消印有効)

募集要項に定める応募書類を応募期限までに郵送にて送付して下さい。

応募書類(本学指定書式分)のダウンロードはこちら

※応募の際は、「教育職員免許状(写し)」や「卒業(修了)証明書」「成績証明書」等の提出も必要となります。
詳細は、募集要項をご確認ください。

よくある質問

専任教諭採用に関するお問い合わせはこちら

学校法人立命館 人事部人事課
Tel : 075-813-8510(土・日・祝日除く9:00~17:30)

立命館大、北京に事務所 英・印に続き3カ所目 !!

立命館大、北京に事務所 英・印に続き3カ所目

 立命館大学は22日、中国・北京市に海外事務所を開設した。同大学が海外事務所を開設するのは、英国、インドに続いて3カ所目。中国からの留学生受け入れの拡大や現地の大学への学生の派遣などに取り組む。 続き・・・


 

日本語教師  新卒も可!小中高生に日本語を教えたいという意欲のある方。 Kasetsart University Laboratory School, Multilingual Program /勤務地:タイ チョンブリ!!

日本語教師 ※Skype面接可

新卒も可!小中高生に日本語を教えたいという意欲のある方。

Kasetsart University Laboratory School, Multilingual Program /勤務地:タイ チョンブリ

求職者へのメッセージ = 小中高一貫教育のため、日本人教師は小学校低学年に対する「ひらがな教育」から高校3年生に対するみんなの日本語50課までの日本語一貫教育を経験することができます。
学校内の運動会や文化祭などタイの行事を学生と一緒に体験することもできます。
ぜひ、小中高生日本語を教えたいという意欲のある方を募集しています。

常勤日本語教師

【契約期間】
2年間
※最初の3ヶ月は試用期間
※1年目終了時に更新

雇用形態 = 正社員

1.入門・初級・中級の授業
(担当授業時間は週お15~18コマ。1コマ50分)
2.教材作成業務
(試験作成、成績管理含む)
3.会議への参加
4.学校行事
(各種校内行事、3月の日本語キャンプ)などへの参加
5.その他
(日本の学校との交流活動、交流プログラムの引率、その他補講など)

必要資格

日本語ネイティブ
※20~40代が活躍中

<必須条件>
1.学士号または修士号取得者または2017年3月取得見込み
2.次の一つ以上に該当すること
日本語教育に関する学士または修士取得
日本語教育能力検定試験合格
日本語教師養成講座(420時間)修了
3.英語でのコミュニケーション力(履歴書に明記)
4.日本語教授経験あり
5.パソコンスキル(Ms Word等)

歓迎するネイティブ言語 = 日本語

歓迎する求職者属性 = 卒業予定

2017.7.2募集要項(タイ カセサート学校日本語教師採用)


 

【告知】11月4日(土)藤岡さん来校+α

【告知】11月4日(土)藤岡さん来校+α

11月4日(土)の午後、藤岡慎二さんが立命館宇治に来校されます。本校のCSL推進委員会という位置づけですので公開するものではないのですが、希望される方は参加可能です。概要は以下の通りです。

またその日のCSL授業は「なぜ学ぶ」です。この春から教員になった先生と、ずっと中学校にいて今年度初めて高校に来た先生の授業を見学することも可能です。ただし授業が12時30分に終わり、藤岡さん企画まで2時間ほど時間がありますので、その間少しボランティアという形でお手伝いいただくと思います。

いずれも参加を希望される方は酒井までお願いします。コメントでもメッセージでもかまいません。後日イベントページをつくろうとは思います。

<勉強会>
日時:11月4日(土)、大会議室にて
講師:藤岡慎二
ねらい:
①地域と高校生がつながることの重要性を知る。
②地域課題解決型PBLを学校教育に組みこむ方法を考える。
③本校のコア科目の内容のブラッシュアップをする。

14時30分 開会のあいさつ、CSLの取り組み状況など
14時45分 講演+勉強会
「高校魅力化プロジェクトから見えてきたこと。今後の高校教育のありかた」(仮)
16時15分 質疑応答
16時30分 講師を囲んでの交流会  (17時30分 終了)

「Beyond Borders 次世代は何を目指すか?」

お世話になっている皆様へ

残暑お見舞い申し上げます。日頃より本校へのご理解とご協力に心より感謝申し上げます。

9月10日(立命館東京オフィス)のイベント情報「Beyond Borders 次世代は何を目指すか?」の資料を添付させて頂きます。留学を経験した生徒とIBDPを取得し日本の大学に進学した生徒、APUを卒業し日本の企業に就職した生徒4名のパネルディスカッションを企画しています。

ご興味、ご関心のある方への告知をお願い申し上げます。受験生以外の方にとっても有益な時間となると存じます。お忙しいとは存じますがご来場をお待ちしております。

東京説明会広報

英語の問題を解く、 その先へ 「思考力を鍛える英語問題集が発刊」されます!!

英語の問題を解く、 その先へ

「思考力を鍛える英語問題集が発刊」!!

ESN研究会の研究員が合同で作成した「英語での思考力を鍛えるトレーニング問題集」が発刊されます。おそらく、日本で初の試みだと思います。この問題集を活用して頂き、2020年の大学新テスト(英語)に対応していただければ幸いです。


これからの英語学習に必要なことは、基礎的な英文法の学習と同時に英語を英語的に考え・読み・表現す る力です。この力を鍛えるためには“、Critical Thinking Skills”の理解とその習得が大切です。本書の 思考力問題は、ブルーム(B l o o m)のタキソノミー(T a x o n o m y)に基づく「思考コード」を設問の柱とし、学 習のねらいを明確にすることで大学新テストが求めている「未知の状況にも対応できる思考力・判断力・ 表現力」の育成に対応できます。また、この力を英文読解にも応用することができるため、英文を自然に読 解する力も身につきます。本書が、意識的に思考する習慣を身につける一助になることを願います。

(『ENGLISH DISCOVER』巻頭より抜粋)

スクリーンショット 2017-08-25 14.46.08

詳細な資料は、こちらです。

【WEB用データ (1.86MB)】英語教材パンフレット


「大阪 間もなく締め切り!」2017 NEW TREASURE研究会<東京・大阪>!!

2017 NEW TREASURE研究会<東京・大阪>

~大学入試改革・次期学習指導要領を見据えた英語教育~

スクリーンショット 2017-08-05 11.15.01.png

今、日本の英語教育は「4技能」「思考力・判断力・表現力」の養成という方向に進もうとしています。大学入試で要求される英語力と実社会で求められる実践的英語力を育成すべく、『New Treasure』シリーズは、「多彩な英文」「豊富な英語の語彙」「充実した文法解説」に加えて、「4技能」の訓練要素、また、論理的思考力を伸ばす「クリティカル・シンキング」を提供しています。同シリーズの多様な活用事例、課題とその解決方法の例を共有すべく、「研究会」を開催いたします。多忙な時期とは存じますが、ぜひともご参会のほどお願い申し上げます。

案内PDF: 2017NEW TREASURE研究会.pdf

申し込みFAX PDF: NT研究会_申込FAX用紙


東京会場

日時 : 2017年8月20日(日) 14:00-17:30(13:30受付開始)

場所 : TKP神田駅前ビジネスセンター

定員 : 100名

▼基調講演:「英語教育改革の方向性とこれからの英語教師に求められること」

向後秀明 先生 敬愛大学国際学部教授
前 文部科学省 初等中等教育局 教育課程課・国際教育課外国語教育推進室 教科調査官
(兼)国立教育政策研究所 教育課程研究センター 教育課程調査官

▼事例解説講演:「2020年を見据えた『New Treasure』の指導法」

高瀬聡伸 先生 十文字中学高等学校/ESN  NT研究  関東代表 特任研究員

▼分科会1 「これからの世界で求められる学力、英語力の更なる強化に向けて」

栗原隆恵 先生 西武台新座中学校・西武台高等学校/ESN NT研究 研究員

▼分科会2 「New Treasure 準拠オンライン英会話の活用事例報告」

町田真彩子 先生 豊島岡女子学園中学校・高等学校


大阪会場

日時 : 2017年8月27日(日) 14:00-17:30(13:30受付開始)

場所 : CIVI研修センター 新大阪東 ※地図参照(裏表紙)

定員 : 70名

▼基調講演:「2020年の大学入試問題』から考える「日本の英語教育」のこれから」

講演者:石川一郎 先生 香里ヌヴェール学院 学院長、21世紀型教育機構 理事

▼分科会1-1 【Stage1,2】実践的コミュニケーション力の育成を目指して

学校法人皇學館 皇學館中学校 小林誠治 先生

▼分科会1-2 【Stage3】 ICT を活用した英語4技能統合指導を目指す取り組み

講演者:学校法人関西学園 岡山中学校・岡山高等学校 林秀俊 先生

▼分科会2-1 【Stage1,2】プロセスの体験から定着へ

講演者:学校法人帝塚山学園 帝塚山中学校高等学校 中林豊 先生

▼分科会2-2 【Stage4,5】 ICTを活用した授業実践 ~ 5技能の習得に向けて~

講演者:大阪府立北野高等学校 若宮功 先生