2018年度 立命館附属校・提携校 英語科授業研究会 《技の習得》特別参加のご招待!!

2018年度 立命館附属校・提携校 英語科授業研究会 《技の習得》特別参加のご招待

立命館附属校教育研究・研修センター

本来であれば立命館の附属校と提携校の研修会ですが、ESNの久保を通して特別にこの貴重な講演会とワークショップに参加することが実現できます。ご希望の方は、是非ともお申し込みください。


2018 年度<英語科授業研究会>を下記の要領で開催いたします。当研修は学外の専門家をお招きし、更なる 附属校の教科力の向上を図ろうとするものです。万障お繰り合わせの上、ご出席賜りますようお願い致します。


1.テーマ 「CLIL(内容言語統合型学習)によるアクティブラーニングとグローバル人材の育成」

2.日 時 2018年11月10日(土)14:30~17:00
3.場 所 立命館朱雀キャンパス 703会議室
4.講 師 上智大学 文学部英文学科学科長 教授 池田 真 先生

5.研修内容

CLIL (Content and Language Integrated Learning) は今世紀に入ってからのヨーロッパで広く普及してい る教育法です。その要諦は、教科内容、言語能力、思考方法、国際意識を有機的に組み合わせることで、知識基 盤型グローバル社会で求められる汎用能力(コンピテンシー)を育成することにあります。この研修では、その 理論と活用をワークショップ形式で学びます。CLIL はどの教科にも当てはまる教育技法なので、英語以外の科 目を担当されている先生方も歓迎致します。

<池田 真先生のプロフィール> 略歴:早稲田大学政治経済学部経済学科、上智大学文学部英文学科卒業。

上智大学大学院文学研究科英米文学専攻(修士号・博士号)、ロンドン大学キングズカレッジ大学院 英語教育・応用言語学専攻(修士号)。

上智大学のほか、桐朋学園大学、京都大学大学院、早稲田大学、国際基督教大学で非常勤講師を務め る。2015 年度から 2016 年度にかけて、ロンドン大学キングズカレッジの客員研究員を務め、同大学の他、 ストックホルム大学、ウィーン大学、マドリード自治大学などでも講義を行った。

研究分野:英語学(特に英文法史)と英語教育(特に CLIL=内容言語統合型学習)を専門とする。近著に、

『CLIL 内容言語統合型学習:上智大学外国語教育の新たなる挑戦、第 3 巻授業と教材』(上智大学出版・共 著)、Columbus21EnglishCourse (文部科学省中学校外国語科用検定教科書・光村図書出版・共著)、『教 科の本質からコンピテンシーへ:資質・能力を中心に据えたカリキュラム編成と授業づくりのために』(図書文化社・共著)、 『歴史社会言語学入門』(大修館書店・共著)など。日本CLIL教育学会副会長。

6.申し込み ご希望の先生は、下記の実施要項にある申込書をご提出して下さい。

7.締め切り 11月2日(金)
8 問い合せ 教育研究・研修センター 羽田 澄

電話 075-813-8218  /  Fax075-813-8219   s-hada@fc.ritsumei.ac.jp

2018英語科授業研究会(池田真先生)実施要項


 

 

広告

立命館大学のグローバル系学部ガイドブック作成!!

2019年4月から立命館大学にグローバル系で4学部が開始されます。立命館大学とANUのDual Degreeが取得できるGLA学部、立命館大学とAmerican UniversityとのJoint Degreeが取得できる国際関係学部、英語で理系で学位が取れる情報理工学部グローバルコース、アジアの3つの大学(日本、韓国、中国)を2年間で学習をして単位を取得するキャンパスアジア・プログラムを実施する文学部の4強グローバル系の学部が総合的に人材を育成します。

スクリーンショット 2018-10-27 23.19.39.png

クローハル系学部ガイド_0528【最終版】


友人が発刊した本です!Thinking Experiments!!

Thinking Experiments is a book for Japanese educators, and it was written with three goals in mind. First, I wanted to introduce western philosophy to new readers in a way that is accessible and interesting, but also that shows the power of philosophy in getting students thinking deeply and carefully. Second, I wanted to explain a method for doing philosophy in classrooms that is simple enough for any teacher to experiment with. Lastly, I wanted to provide useful lesson plans linking philosophy to different areas of the curriculum, such as maths, science and history. If you open the book, you will find thirty lesson plans that are ready-to-use!
I think there are significant changes underway in Japanese education at the moment, and lots of teachers who see the value in students learning not only what to think, but how to think. Philosophy has always had an enormous role to play in that, because it makes people aware of the assumptions they are making in their judgements and conversations, and also supplies them with a toolbox of thinking skills that help them express their own ideas in a rational, coherent way. It also encourages people to become comfortable with constructive criticism — the idea that our own thinking can actually be improved by listening to people we disagree with and that this is actually nothing to be afraid of!
I believe that the lessons in Thinking Experiments will prove fascinating, and incredibly rewarding, for anyone who dares to experiment with their thinking!

10月13日と14日にアメリカで学校説明会と教育セミナーを実施!!

10月13日(土)北米のダラス日本人補習校とヒューストン日本人補習校で「APUと立命館附属5校の説明会」を行います。また、14日(日)の午後にはサンフランシスコのサニーベールで教育セミナーを開催します。テーマは、「米国生まれの子どもと帰国生のための教育セミナー」です。お知り合いが滞在されておりましたらご案内ください。宜しくお願いいたします。

(2)2018米国向け説明会_A4chirashi_12



 

TOKメソッドを基本に高校生対象「総合学習ノート」10月15日発刊決定!!

ESN TOK研究員 × 株式会社ネリーズ コラボ教材

この度、IBのTOK研究員が執筆した学習教材が発刊されました。10月15日に正式に販売されることが決定されましたので多くの高校生に活用していただき、教科横断、知ることとは?、人間はなぜ知っていると言っているのか?などのトレーニング・ブックです。

スクリーンショット 2018-09-29 13.00.06

海外大学進学奨学金(返済不要)!!

海外大学進学奨学金(返済不要)

JASSOから出てている海外大学進学奨学金(返済不要)についてですが、9月18日に募集要項が公開されました。昨年からできたものですが、応募者が少なく現場でももっと応募してほしいと悩んでいました。返済不要ですので、多くの学校で活用してほしいです。

募集要項

19gakubu_youkou_2

該当HPは以下です。

https://www.jasso.go.jp/ryugaku/study_a/scholarship/gakubu/2019.html#02

日本は、ベーシックインカムを早々に導入しては!

BI(国民1名当たり8万円程度)の導入により消費税を20%として、生活保護を廃止、年金も廃止してはどうでしょうか!これで働き方も変わり、仕事の内容も充実、出生率も上がり、預金が消費に回ります。

 

ベーシックインカムって何?メリットとデメリットを分かりやすく解説

最近、ネットやニュースでよく見かけるベーシックインカム。
これは所得保障制度の1つで、なんとなく意味は分かっていても、メリットやデメリットを正確に把握している人は少ないのではないでしょうか?

ベーシックインカムは社会保障制度や生活のあり方を根本から変えてしまうほどの影響力を持っており、日本も将来に向けて検討すべきだともされています。

この記事では、ベーシックインカムとは何か。
そのメリットとデメリットはどのようになっているのか解説してみます。

ベーシックインカムとは何か?

ベーシックインカムとは、政府が国民の生活を最低限保障するため、年齢・性別等に関係なく、一律で現金を給付する仕組みのことです。

日本における現行の社会保障制度は、何か特定の事情が発生したときに給付される形で実現されています。健常で労働が可能な人は、基本的に社会保障制度の給付対象にはなりません。

例えば65歳を迎えると年金が、失業すれば失業保険が、生活できない人には生活保護があります。病気になると、健康保険から大部分の医療費が給付されるのも、社会保障制度の一環です。

このように、社会保障制度は特定の事情が生じて、生活に支障が出る、または負担が大きいときに補完する役割を持っており、誰もが平等に給付を受けられる制度ではありません。

ベーシックインカムは、これらの事情は一切考慮されず全ての人が平等に給付を受けられる制度になっています。

2016年1月にオランダで行われる実験

ベーシックインカムは、労働によって対価を得て生活するという、これまでの生活スタイルを完全に転換するものなので、その影響は非常に大きいと考えられており、メリットやデメリットは論じられても実際にどのようになるか結論は出ていません。

2016年1月に、オランダのユトレヒトという都市で、ベーシックインカムが実験的に導入されると発表されています。
この実験は、都市全体で行われるものではなく300人という限定的な規模ですが、その効果には注目が集まっています。

実験であるため、300人をいくつかのグループ分けして異なる条件で支給が行われ、無条件で支給されるグループには日本円で約12万円(妻帯者は約18万円)が支給されます。
その結果、人々がどのような行動をとるのか実験で明らかになると言われています。

続き・・・


 

陸上男子200で小樽出身の小池が金メダル アジア大会(立命館慶祥卒業生)!!

陸上男子200で小樽出身の小池が金メダル アジア大会

小池祐貴

【ジャカルタ大矢太作】ジャカルタ・アジア大会第12日の29日、陸上男子200メートルで、小樽市出身の小池祐貴(23)=ANA、立命館慶祥高出=が20秒23で勝ち、日本勢として2006年ドーハ大会の末続慎吾以来12年ぶりとなる金メダルを獲得した。

 小池は28日の準決勝で20秒35の全体トップで通過し、決勝は2位に着差ありの同タイムで競り勝った。  続き・・・


柔道女子、立命館宇治・岡田が初V 全国高校総体!!

柔道女子、立命館宇治・岡田が初V 全国高校総体

スクリーンショット 2018-08-15 13.20.14

全国高校総合体育大会(インターハイ)は11日、津市産業SCなどで行われ、柔道女子個人57キロ級で岡田恵里佳(立命館宇治)が初優勝を果たした。柔道女子で京都勢の優勝は初めて。同48キロ級で今春の全国高校選手権を制した芳田真(比叡山)は準々決勝で敗れた。
 サッカー男子準々決勝では東山が2-1で三浦学苑(神奈川)を破り、4強入りした。
 新体操女子個人で小西野乃花(乙訓)が28・300点を記録して2位となり、種目別フープで2位、同ボールで6位に入った。 続き・・・


 

多様な世代に学びの場 立命館、30年代ビジョン!!

多様な世代に学びの場 立命館、30年代ビジョン

立命館大学、立命館アジア太平洋大学(APU)、付属中学・高校を運営する学校法人立命館は7日、2030年代に向けた「学園ビジョンR2030」を発表した。「挑戦をもっと自由に」を掲げ、留学生の受け入れなどグローバル化をさらに加速するとともに、社会人ら多様な世代に学びの場を提供する。

学校法人立命館は2030年代に向けた学園ビジョンを発表。森島朋三理事長(中)は「知の結節点」を目指すとした

学校法人立命館は2030年代に向けた学園ビジョンを発表。森島朋三理事長(中)は「知の結節点」を目指すとした

 立命館の森島朋三理事長は「想定外が日常化し、これまで大学教育が進めてきた価値観も大きく転換している」と指摘。多様な人が時間や場所を選ばず高度な教育を受けられるように、キャンパスを持たず、オンラインで授業を行うといった新たな教育の可能性を含めて検討を進めていく考えを示した。国や世代を超えたネットワークを形成し、「知の結節点」を目指すとした。

 立命館大の吉田美喜夫学長はグローバル化の加速に向けた具体的な取り組みとして、学部・学科の新設で協力関係にある米アメリカン大学とオーストラリア国立大学のキャンパスに、留学生の募集や学術連携を担う新たな海外拠点の設置を検討していることを明らかにした。APUの出口治明学長は「新しい学部も含め、どんなことができるかを学内のプロジェクトチームで検討を進めている」とした。  続き・・・