東洋経済ONLINE版に立命館宇治中学校の英語の取り組みが記事掲載されました。

中学生が行く「セブ島英語短期留学」の舞台裏

2016年に入ってから、たびたびニュースや新聞などで報道されている2020年度に向けた大学入試改革。その中でも英語科目については特に大きな変化となる。

2020年度から導入される予定の「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」の英語では、「話す」「書く」「聞く」「読む」の4技能が求められる。日本人の英語教育はこれまで「聞く」と「読む」に偏っていた。近年の中高の英語授業の中では「話す」や「書く」といった取り組みが皆無なわけではないのだが、現実的なところで大学入試という仕組みでほぼ必要とされていないのだ。

続き

スクリーンショット 2016-03-12 9.37.57.png

広告