IBDPを取得した高校生は、大学入学後には2年生からのスタートを認めて欲しいです。IBDPの学習内容は、ほぼ大学の一般教養レベルを超えています。また、IBを受けて来た生徒たちが大教室の講義式の授業を受けることが時間の無駄であると感じています。

もし、2年生あるいは、専門(ゼミ)科目からの履修を許可してもらえれば、高校で学習して来た内容をそのまま更に伸ばすことができると思います。

一度、IBDP取得者が日本の大学に入学している学生にアンケートを取って頂けないでしょうか。日本の大学に満足しているのか?どのような授業を求めているのか?なぜ、海外の大学に行かずに日本の大学を選んだのか?

IB入試を開始したある国立大学でも教授のほとんどがまだIBの教育内容を知らない方がおります。そのため、その大学への進学を辞退した生徒がいることも事実です。これは、大学に取っても国のグローバル人材育成にとっても残念な結果です。

文科省、大学の先生方へ、是非とももっとIBDPの教育を理解して頂き、大学でその生徒たちが更に伸びる環境の整備をお願いしたいと思います。そうでないとIBDPの広がりや2年間苦労して学習した時間が無駄になります。

更に、このような優秀な人材が海外の大学を選ぶようになっていることもとても残念です。人材の流出です。結果、海外の企業に就職して日本への国益になっていないような気がしています。

日本の大学が欧米の大学と連携して日本でも日本語と英語で学位号や博士号(前期・後期)が取得できる環境を早々に整備して欲しいです。関西のある大学では、すでにこれに挑戦しています。関東の大学ももっと改革に力を入れて欲しいと切に願っています。

皆様は、どのように思いますでしょうか。

広告