国際バカロレアの認定校(2017年8月5日現在)

国際バカロレアのプログラムは、全て導入することも、どれか1つのみ導入することも可能となっており、国際バカロレアの認定を受けている学校は、平成29年6月1日現在、世界140以上の国・地域において4,846校である。
日本における認定校は、下表のとおりである。また、学校教育法第1条に規定されている学校は、市立札幌開成中等教育学校、仙台育英学園高等学校、茗渓学園高等学校、ぐんま国際アカデミー、昌平中学校、筑波大学附属坂戸高等学校、玉川学園中学部・高等部、東京学芸大学附属国際中等教育学校、東京都立国際高等学校、山梨学院大学附属高等学校、インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢、法政大学女子高等学校、サニーサイドインターナショナルスクール、加藤学園暁秀高等学校・中学校、名古屋国際中学校・高等学校、立命館宇治中学校・高等学校、英数学館高等学校、AICJ中学・高等学校、リンデンホールスクール中高学部、沖縄尚学高等学校の20校である。 続き・・・

 

この20校でIBDPコンソーシアムを組んで、保護者・受験生・大学への「教育フェア」を実施したいと思っています。その理由は、まだまだIBについての認知度が低く、大学でもその内容を理解していないところが多くあります。そこで、IBDPの教育の重要性と現在の日本の教育に欠けている部分をしっかりと育ててくれるプログラムであることを多くの方に知って頂きたいと思っています。どこかの団体か企業様でこのようなことを企画運営していただけないでしょうか。

広告