ESN研究会の東海地区の代表が決まりましたのでお知らせいたします。

皆様、こんにちは。愛知産業大学三河高等学校の岡本秀樹と申します。

英語は世界のことを知る情報収集ツール、自分の思いを伝える表現ツール、他国の人たちと協働的に取り組む課題解決ツールなどの観点から、今後その存在価値が一層高まっていくことは間違いありません。大学入試のためだけの英語学習の時代ではありません。英語を必要だと感じ、好きになり、英語学習に興味を持ってもらうため、無味乾燥の文法授業・長文訳読式授業から脱却し、「楽しく力のつく英語授業」を目指して、日々教壇に立っております。具体的には、音楽や映画、画像や動画、記事などの生きた教材を駆使し、その感想や作者の意図・背景などを深く批判的に考え、自分の意見を持ち発表することを授業に取り入れています。まずは、ある情報を得た時に、思考停止に陥るのではなく、自分の考えしっかり持ち、表現できることをゴールとしています。 ここをクリック!!

ESN研究会 総合代表 久保 敦

広告