陸上男子200で小樽出身の小池が金メダル アジア大会

小池祐貴

【ジャカルタ大矢太作】ジャカルタ・アジア大会第12日の29日、陸上男子200メートルで、小樽市出身の小池祐貴(23)=ANA、立命館慶祥高出=が20秒23で勝ち、日本勢として2006年ドーハ大会の末続慎吾以来12年ぶりとなる金メダルを獲得した。

 小池は28日の準決勝で20秒35の全体トップで通過し、決勝は2位に着差ありの同タイムで競り勝った。  続き・・・


広告