立宇治なべ先生のワクワク理科実験ショー!!

大人からこどもまでわくわくするような 理科実験ショーをご用意いたしました。 科学の専門的な知識がなくても、年齢 問わず十分お楽しみいただけます。 いろいろな科学実験を体験した後、 あれ?不思議だな?と心に何かがひっか かる、そして家に帰って調べたくなる。 そんな好奇心をくすぐる理科実験ショーを お送りします。

第54回立命館宇治土曜市民講座


 

広告

立命館宇治IMコース オープンクラス&説明会・交流会!!

立命館宇治IMコース オープンクラス&説明会・交流会

7月7日(土)9:40~13:30 一般公開

7月7日(土)9:40~13:30
立命館宇治高等学校IMコースでは一般の中学生およびその保護者が参加できるオープンクラス、および説明会・交流会を行います。受付は9:00開始です。

本校へのアクセス:http://www.ujc.ritsumei.ac.jp/ujc/info/access.php

当日は、IMコース3年生世界史(ネイティブ教員によるイマージョン授業)9:40~10:30と、同1年生英語表現Ⅰ(ネイティブ教員とのティームティーチング授業)10:40~11:30を授業公開します。その後、コース説明会&質疑応答11:40~12:30、さらに本校IMコース生徒による発表&参加者との交流会12:40~13:30を企画しています。昼食は交流会の中でとって頂けます。ご持参頂いても結構です。申込み(500円)頂ければご用意させて頂きます。

参加ご希望の方は下記のリンクからご登録下さい。先着30組となっておりますので定員をオーバーした場合はご容赦ください。

立命館宇治IMコース オープンクラス参加申し込みフォーム外部リンク

APU主催 TOEFL®テストサマー2daysセミナー in 東京!!

APU主催 TOEFL®テストサマー2daysセミナー in 東京

TOEFL iBT®テスト米国ETS公認トレーナーによるセミナーを立命館東京キャンパスで実施します。 国内大学受験にゴールを設定した英語学習では、海外進学や大学入学後の交換留学は望めません。特に高校留学等である程度力をつけた生徒の英語の到達目標をどこに置くかを考えさせるには良い機会です。 先生のプログラム見学も若干名受け付けます。ご希望の先生がおられましたら別途APU東京オフィスまでご連絡ください。

2019年春グローバル・リベラルアーツの学びの殿堂が生まれる!!

2019年春グローバル・リベラルアーツの学びの殿堂が生まれる

立命館大学がまた画期的な取り組みをする。オーストラリア国立大学と共同で2019 年に新たにグローバル教養学部(設置構想中)を設立するというのである。1980年代以降、立命館大学はグローバル化を着々と進めてきたが、同大のグローバル化はこれでまた1歩、新たなステージに進むことになる。グローバル教養学部とはいったいどのような学部なのか。どのような人材を育成するのか。その全貌を明らかにする。

卒業時には二つの学位を授与

一段と高いレベルのグローバル化を
目指す立命館大学にアジア各国の
期待が高まっています。
市川正人
学校法人 立命館 副総長
立命館大学 副学長
立命館大学 法科大学院 教授

2017年10月、立命館大学はオーストラリア国立大学(ANU)との間で学部共同学士課程協定を締結した。立命館大学が19年4月、大阪いばらきキャンパスに創設するグローバル教養学部(GLA:Global Liberal Arts)において、ANUと共同学士課程プログラムを開設し運営する協定が正式に結ばれたのである。

共同学士課程とは聞きなれない言葉だが、いったいどういうものなのか。立命館大学の市川正人副学長が説明する。

「立命館大学のGLAとオーストラリア国立大学のアジア太平洋学群が共通のカリキュラムで授業を行い、卒業する学生には両方の学部から学士が授与されます。立命館大学の学生は3回生のとき1年間、ANUに留学してアジア太平洋学関係の講義を履修し、ANUの学生は2、3年次に立命館大学に留学してグローバル教養学を学びます。立命館大学側も授業はすべて英語で行います」

ANUはオーストラリア連邦議会法に基づいて設立された唯一の国立大学。首都キャンベラにメインとなるキャンパスがあり、国際的な大学ランキングでは常に20位前後に入る、オーストラリアの東大とも称される名門だ。そのANUのアジア太平洋学群が今回、立命館大学と全面的な協力関係を結んだのである。 続き・・・


 

満員御礼締め切り! TOK授業研究セミナー(関西)!!

新企画 TOK授業研究セミナー(関西)!!

★多くの方のお申し込みに心より御礼申し上げます。

TOK(Theory of Knowledge|知の理論)は、IB (国際バカロレア)のディプロマプログラムにおいて中核となる科目の一つです。また、TOKは、Critical Thinking(批判的思考)を体系的に培う授業方法としても知られています。大学入試改革に象徴される学力観の転換が求められる情勢の下、IB 校に関わらず、TOK の手法を取り入れた授業や教材について、日本の多くの学校が関心を寄せています。今回のセミナーでは、TOKの教科横断的な学びについての特別講演やIB認定校および一条校での授業実践の発表を行います。新時代におけるコア科目としての授業やカリキュラムのあり方を考える機会になれば幸いです。

日時|2018 年 6 月 30 日(土)
9:00 開場 9:30 開会 17:10 閉会
場所|立命館大学大阪いばらきキャンパス
Future Plaza:1Fカンファレンスホール
対象|中高大教員、学生、企業関係者
参加|無料   定員|70名
申込|満員御礼のため6/4にて申込終了
問合|久保 敦(セミナー実行委員長)
MAIL: info-tok@es-network.org
TEL: 050-5327-5378

チラシ:TOK授業研究セミナー2018

申込はここをクリック|http://es-network.org/?page_id=10119



 

留学キャラバン隊 2018 ― 海外大学生が語る、進路選択と今の生活 ―!!

留学キャラバン隊 2018 ― 海外大学生が語る、進路選択と今の生活 ―!!

留学キャラバン隊 2018

― 海外大学生が語る、進路選択と今の生活 ―

 

○プレゼンテーション

「海外大学生が語る,グローバルな時代を生き抜く主体的な学び」

○ワークショップ「海外大学生とともに考える,自分の進路選択」

○個別相談会           *内容は変更する場合がございます。

告知チラシ:キャラバンポスター2018_0617_甲南学園

未来の教育を考えるシンポジウム|Z会ソリューションズ×ESN!!

未来の教育を考えるシンポジウム|Z会ソリューションズ×ESN

Z会ソリューションズのシンポジウムのお知らせです。ESNが後援しております。

題名|未来の教育を考えるシンポジウム~学習者中心の教育の在り方~

未来の教育を考えるシンポジウムPDF

■講演の概要
◆第1部:基調講演 浅野 大介(経済産業省 商務・サービスグループ産業室長)
経済産業省の視点から見た現代の世界における日本の位置付けと、未来の日本を担う中高生に期待すること。

◆第2部:事例紹介
【東京会場】

中田 大成|海城中学校・高等学校 校長特別補佐

教育理念の「鍛え直し」と「見える化」~確固たる存在の私学を目指して~(仮)

黒田 貴|淑徳与野中学校・高等学校 副校長

学習者中心の教育を実現するために ~生徒目線で考える「淑徳与野」の学びの環境~

【大阪会場】

清水 優|東大寺学園中学校・高等学校 教頭

東大寺学園の不易流行 流行よりも不易を ~東大寺流アナログラーニング~

川津 英昭|京都府立洛北高等学校附属洛北中学校 首席副校長

中高6年間の取組 ~中学・高校で何を意識して取り組んでいるか~

■開催日時・会場のご案内
【東京会場】
日時:2018年6月26日(火) 17:00~20:00
(16:30受付開始)
場所:TKPガーデンシティPREMIUM秋葉原
東京都千代田区外神田1-7-5 フロントプレイス秋葉原 3F
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gcp-akihabara/access/

【大阪会場】
日時:2018年7月3日(火) 17:00~20:00
(16:30受付開始)
場所:TKPガーデンシティ新大阪
大阪府大阪市淀川区宮原4丁目1-4 KDX新大阪ビル 6F
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gc-shinosaka/access/

■プログラム (東京・大阪会場共通)
16:30~ 開場(受付開始)
17:05~17:55 第1部:基調講演
18:10~19:10 第2部:事例紹介※
19:10~20:00 頃 情報・名刺交換会・Z会ソリューションズ紹介※(弊社より)

※約30 分ずつ2 校にご紹介いただく予定です。
※講演終了後に弊社の書籍閲覧・教材体験などができるブースを用意する予定です。

■お申込方法
下記サイトより必要事項をご入力のうえ、お申し込みください。
https://questant.jp/q/zs_symposium
お申込締切:2018年6月20日(水) ※満席になり次第、受付を終了いたします。

■お問い合わせ
未来の教育を考えるシンポジウム 運営事務局
株式会社 Z会ソリューションズ 東京営業所
TEL(東京会場・大阪会場共通) :03 -5296-2830
※営業時間:月曜日~金曜日(祝日を除く) 午前 9:00 ~午後 5:30

第12回「有志教員によるTOK定例学習会@立命館東京キャンパス」

第12回「有志教員によるTOK定例学習会@立命館東京キャンパス」

    テーマ「TOK学習活動の導入提案」

TOK教育実践フォーラムの登録メンバーの皆様へ
(個人的にお会いした方にもBCCにてお送りしております)
平素より大変お世話になっております。
アオバジャパン・インターナショナルスクールの小澤です。
第12回のTOK定例学習会を下記の通りお知らせいたします。
こちらの学習会を始めて、次回でちょうど1年目を迎えます。
皆さんの多くの支えによって、活動を続けてこられたことに
深く感謝申し上げます。
よろしければ、知人・友人の方で関心のありそうな方にも
こちらの案内を共有いただければ幸いです。
(前回の参加者数:60名)
申込リンク:https://goo.gl/A4A7vU
多くの皆様の参加をお待ちしております。
アオバジャパン・インターナショナルスクール
小澤 大心
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第12回「有志教員によるTOK定例学習会@立命館東京キャンパス」
    テーマ「TOK学習活動の導入提案」
 【参加費・無料・要申込】
日時:2018年6月8日(金)18:30~20:00 (受付:3階エントランス 18:15より)
場所:立命館東京キャンパス サピアタワー8F
  (〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目7−12)
   JR東京駅日本橋出口より直結(徒歩約1分)
協賛:立命館アジア太平洋大学(APU)
後援:アオバジャパン・インターナショナルスクール
            ESN英語教育総合研究会
   株式会社ネリーズ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

満員御礼!! 立命館宇治高等学校 IB コース オープンクラスへのご案内!!

立命館宇治高等学校
IB コース オープンクラスへのご案内

立命館宇治中学校・高等学校は 2009 年に IB ディプロマプログラム(DP)認定校となり今年で 10 年目を迎え ます。本校の IB コースは国際バカロレア教育を実施する特徴的なコースとして運営してまいりました。今回、10周年記念ということで本校の教育活動をより多くの皆様に知っていただくために IB オープンクラスを 6 月 6 日、7 日の 2 日間にわたって開催することにいたしました。例年通り一般の皆様や保護者の皆様への授業公開に加え て、6 日には IB 卒業生・在校生と教育関係者によるパネルディスカッションも予定しています。

参加ご希望の方は下記リンクより申し込み登録をお願いいたします。リンクは同じように見えますが、申込日に より異なりますのでご注意ください。公開スケジュールの概要は、添付のチラシをご覧ください。駐車スペースが ございませんので、来校の際は公共交通機関をご利用ください。


立命館宇治高等学校 IB コース オープンクラス(IB ワールドスクール認定 10 周年記念)

開催日:2018 年 6 月 6 日(水)、6 月 7 日(木) 受付開始:9:00参加申込み:事前申込制、いずれの日も先着 80 人
参加費:1000 円(ただし本校生徒保護者と受験予定者は無料)

6 月 6 日 登録リンク:https://docs.google.com/forms/d/17yYORC5cQXXqnjInC5lfnDkxHLtWZPTwtQEB1vjjTE8/edit6 月 7 日 登録リンク:https://docs.google.com/forms/d/1xORxEGQjTk4Cbf-yce2WaDf8QcDabccNTmpYduPK1og/edit

立命館宇治高等学校
IB コース オープンクラスへのご案内

 

IB オープンクラスに関するご質問がありましたら
Matthew Thomas: tmatthew@ujc.ritsumei.ac.jpまでご連絡ください。


20180606IB_OpenClass

20180606IB_OpenClass

第11回 有志教員によるTOK定例学習会@立命館東京キャンパスのお知らせ!!

PDFによる案内文はこちらのリンクよりご覧いただけます↓↓↓
https://goo.gl/y5ph3n
      
  発起人:小澤大心 所属アオバジャパン・インターナショナルスクール
                       協賛:立命館アジア太平洋大学(APU)
関係者各位

「有志教員によるTOK定例学習会」では、月1回程度の学習会を開いた上で、
参加者同士の授業実践・教材研究を共有する場をつくることを目的としております。

TOK(Theory of Knowledge:知の理論)は、IB(国際バカロレア)のディプロマ プログラム
において中核となる学習の一つで、Critical Thinking(批判的思考)を体系的に培う学習とし
て広く注目されています。

グループウェアのサイボウズLiveを議論のプラットフォームとして活用した上で、
皆様と共に協働的な学びの場を生成していきたいと考えておりますので、
ぜひご関心のある方は奮って参加いただければ幸いです。

参加される方は、立命館東京キャンパスまでお集まりいただければ幸いです。

*オフラインで参加されたい方は、当日に掲示板でのトピックに直接ご意見を
 投稿ください。(要:サイボウズLive登録)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第11回「有志教員によるTOK定例学習会@立命館東京キャンパス」
    テーマ「TOK学習活動の導入提案」

【参加費・無料・要申込】
日時:2018年5月11日(金)18:30~20:00 (受付:3階エントランス 18:15より)
場所:立命館東京キャンパス サピアタワー8F
  (〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目7−12)
   JR東京駅日本橋出口より直結(徒歩約1分)
   http://www.ritsumei.ac.jp/tokyocampus/access/

協賛:立命館アジア太平洋大学(APU)
後援:アオバジャパン・インターナショナルスクール
ESN英語教育総合研究会
   株式会社ネリーズ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当日は、サイボウズLiveを活用しますので、下記のグループに事前登録ください。

「サイボウズLive:TOK教育実践フォーラム」
https://cybozulive.com/joinRequest?key=XdonyXPwOm

参加希望の方は下記の申し込みフォームよりお願いします。

※本学習会は国際バカロレア(=IBO)公認のセミナーではございません。

ご案内文_第11回TOK定例学習会