未来の教育を考えるシンポジウム|Z会ソリューションズ×ESN!!

未来の教育を考えるシンポジウム|Z会ソリューションズ×ESN

Z会ソリューションズのシンポジウムのお知らせです。ESNが後援しております。

題名|未来の教育を考えるシンポジウム~学習者中心の教育の在り方~

未来の教育を考えるシンポジウムPDF

■講演の概要
◆第1部:基調講演 浅野 大介(経済産業省 商務・サービスグループ産業室長)
経済産業省の視点から見た現代の世界における日本の位置付けと、未来の日本を担う中高生に期待すること。

◆第2部:事例紹介
【東京会場】

中田 大成|海城中学校・高等学校 校長特別補佐

教育理念の「鍛え直し」と「見える化」~確固たる存在の私学を目指して~(仮)

黒田 貴|淑徳与野中学校・高等学校 副校長

学習者中心の教育を実現するために ~生徒目線で考える「淑徳与野」の学びの環境~

【大阪会場】

清水 優|東大寺学園中学校・高等学校 教頭

東大寺学園の不易流行 流行よりも不易を ~東大寺流アナログラーニング~

川津 英昭|京都府立洛北高等学校附属洛北中学校 首席副校長

中高6年間の取組 ~中学・高校で何を意識して取り組んでいるか~

■開催日時・会場のご案内
【東京会場】
日時:2018年6月26日(火) 17:00~20:00
(16:30受付開始)
場所:TKPガーデンシティPREMIUM秋葉原
東京都千代田区外神田1-7-5 フロントプレイス秋葉原 3F
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gcp-akihabara/access/

【大阪会場】
日時:2018年7月3日(火) 17:00~20:00
(16:30受付開始)
場所:TKPガーデンシティ新大阪
大阪府大阪市淀川区宮原4丁目1-4 KDX新大阪ビル 6F
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gc-shinosaka/access/

■プログラム (東京・大阪会場共通)
16:30~ 開場(受付開始)
17:05~17:55 第1部:基調講演
18:10~19:10 第2部:事例紹介※
19:10~20:00 頃 情報・名刺交換会・Z会ソリューションズ紹介※(弊社より)

※約30 分ずつ2 校にご紹介いただく予定です。
※講演終了後に弊社の書籍閲覧・教材体験などができるブースを用意する予定です。

■お申込方法
下記サイトより必要事項をご入力のうえ、お申し込みください。
https://questant.jp/q/zs_symposium
お申込締切:2018年6月20日(水) ※満席になり次第、受付を終了いたします。

■お問い合わせ
未来の教育を考えるシンポジウム 運営事務局
株式会社 Z会ソリューションズ 東京営業所
TEL(東京会場・大阪会場共通) :03 -5296-2830
※営業時間:月曜日~金曜日(祝日を除く) 午前 9:00 ~午後 5:30

広告

第12回「有志教員によるTOK定例学習会@立命館東京キャンパス」

第12回「有志教員によるTOK定例学習会@立命館東京キャンパス」

    テーマ「TOK学習活動の導入提案」

TOK教育実践フォーラムの登録メンバーの皆様へ
(個人的にお会いした方にもBCCにてお送りしております)
平素より大変お世話になっております。
アオバジャパン・インターナショナルスクールの小澤です。
第12回のTOK定例学習会を下記の通りお知らせいたします。
こちらの学習会を始めて、次回でちょうど1年目を迎えます。
皆さんの多くの支えによって、活動を続けてこられたことに
深く感謝申し上げます。
よろしければ、知人・友人の方で関心のありそうな方にも
こちらの案内を共有いただければ幸いです。
(前回の参加者数:60名)
申込リンク:https://goo.gl/A4A7vU
多くの皆様の参加をお待ちしております。
アオバジャパン・インターナショナルスクール
小澤 大心
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第12回「有志教員によるTOK定例学習会@立命館東京キャンパス」
    テーマ「TOK学習活動の導入提案」
 【参加費・無料・要申込】
日時:2018年6月8日(金)18:30~20:00 (受付:3階エントランス 18:15より)
場所:立命館東京キャンパス サピアタワー8F
  (〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目7−12)
   JR東京駅日本橋出口より直結(徒歩約1分)
協賛:立命館アジア太平洋大学(APU)
後援:アオバジャパン・インターナショナルスクール
            ESN英語教育総合研究会
   株式会社ネリーズ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

満員御礼!! 立命館宇治高等学校 IB コース オープンクラスへのご案内!!

立命館宇治高等学校
IB コース オープンクラスへのご案内

立命館宇治中学校・高等学校は 2009 年に IB ディプロマプログラム(DP)認定校となり今年で 10 年目を迎え ます。本校の IB コースは国際バカロレア教育を実施する特徴的なコースとして運営してまいりました。今回、10周年記念ということで本校の教育活動をより多くの皆様に知っていただくために IB オープンクラスを 6 月 6 日、7 日の 2 日間にわたって開催することにいたしました。例年通り一般の皆様や保護者の皆様への授業公開に加え て、6 日には IB 卒業生・在校生と教育関係者によるパネルディスカッションも予定しています。

参加ご希望の方は下記リンクより申し込み登録をお願いいたします。リンクは同じように見えますが、申込日に より異なりますのでご注意ください。公開スケジュールの概要は、添付のチラシをご覧ください。駐車スペースが ございませんので、来校の際は公共交通機関をご利用ください。


立命館宇治高等学校 IB コース オープンクラス(IB ワールドスクール認定 10 周年記念)

開催日:2018 年 6 月 6 日(水)、6 月 7 日(木) 受付開始:9:00参加申込み:事前申込制、いずれの日も先着 80 人
参加費:1000 円(ただし本校生徒保護者と受験予定者は無料)

6 月 6 日 登録リンク:https://docs.google.com/forms/d/17yYORC5cQXXqnjInC5lfnDkxHLtWZPTwtQEB1vjjTE8/edit6 月 7 日 登録リンク:https://docs.google.com/forms/d/1xORxEGQjTk4Cbf-yce2WaDf8QcDabccNTmpYduPK1og/edit

立命館宇治高等学校
IB コース オープンクラスへのご案内

 

IB オープンクラスに関するご質問がありましたら
Matthew Thomas: tmatthew@ujc.ritsumei.ac.jpまでご連絡ください。


20180606IB_OpenClass

20180606IB_OpenClass

第11回 有志教員によるTOK定例学習会@立命館東京キャンパスのお知らせ!!

PDFによる案内文はこちらのリンクよりご覧いただけます↓↓↓
https://goo.gl/y5ph3n
      
  発起人:小澤大心 所属アオバジャパン・インターナショナルスクール
                       協賛:立命館アジア太平洋大学(APU)
関係者各位

「有志教員によるTOK定例学習会」では、月1回程度の学習会を開いた上で、
参加者同士の授業実践・教材研究を共有する場をつくることを目的としております。

TOK(Theory of Knowledge:知の理論)は、IB(国際バカロレア)のディプロマ プログラム
において中核となる学習の一つで、Critical Thinking(批判的思考)を体系的に培う学習とし
て広く注目されています。

グループウェアのサイボウズLiveを議論のプラットフォームとして活用した上で、
皆様と共に協働的な学びの場を生成していきたいと考えておりますので、
ぜひご関心のある方は奮って参加いただければ幸いです。

参加される方は、立命館東京キャンパスまでお集まりいただければ幸いです。

*オフラインで参加されたい方は、当日に掲示板でのトピックに直接ご意見を
 投稿ください。(要:サイボウズLive登録)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第11回「有志教員によるTOK定例学習会@立命館東京キャンパス」
    テーマ「TOK学習活動の導入提案」

【参加費・無料・要申込】
日時:2018年5月11日(金)18:30~20:00 (受付:3階エントランス 18:15より)
場所:立命館東京キャンパス サピアタワー8F
  (〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目7−12)
   JR東京駅日本橋出口より直結(徒歩約1分)
   http://www.ritsumei.ac.jp/tokyocampus/access/

協賛:立命館アジア太平洋大学(APU)
後援:アオバジャパン・インターナショナルスクール
ESN英語教育総合研究会
   株式会社ネリーズ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当日は、サイボウズLiveを活用しますので、下記のグループに事前登録ください。

「サイボウズLive:TOK教育実践フォーラム」
https://cybozulive.com/joinRequest?key=XdonyXPwOm

参加希望の方は下記の申し込みフォームよりお願いします。

※本学習会は国際バカロレア(=IBO)公認のセミナーではございません。

ご案内文_第11回TOK定例学習会

【大成功165名来場!】第6回春期英語教育セミナー<東京|3/29>!!

ESN英語教育総合研究会

ESNは英語教育の次世代のファシリーテーター育成を目指すための研究会です。教師の全国ネットワークを作り、共に学び、共に高め合いましょう!


第6回春期英語教育セミナー<東京|3/29>

入試改革目前!4技能育成だけでは済まされない!生徒に身につけさせたい本当の言語運用力

キーワード〈日本の英語教育の未来|入試多様化の実態と今後|論理思考・批判思考の育成|多文化協働力|アントレプレナーシップ教育|21世紀型スキル|キーコンピテンシー〉


▼今回のテーマは「英語の思考力コンピテンシーと多文化協働」

試験や入試だけで発揮される限定的な知識を「汎用的な能力(キー・コンピテンシー)」にまでいかに高められるか。これが現在の日本の教育の大きな課題になっています。また、世界ではAI技術の進歩や外国人労働者の増加により、Employability(就業力)や、Multi-Cultural Teamwork(多文化協働力)の育成も注目されています。これらの新しい世界の教育の潮流について、教育界の著名人の方々と共に学びあいましょう。


▼本セミナーは、こんな方におすすめです。

・論理思考・批判思考の育成の視点から、英語教育の方向性を学んでみたい教員や大学生の方

・多文化協働の視点から海外大学との協業やアントレプレナーシップ教育を学んでみたい教員や大学生の方

・学校経営|管理職の視点から、英語教育の今後について学んでみたい方


▼本セミナー講演者の1人、鮫島先生からのメッセージ

「2020年の教育改革に先行し、英語では既に4技能試験導入が始まっていますが、各種報道を見ても「2技能から4技能へ」というスローガンばかりで、肝心の「変化の中身」や「具体的な指導法」についての発信は少ないように思えます。今回の講演では、従来型試験の成績(センター試験・予備校模試等)とGTECやTEAPなどのスコアの「相関関係」や問題内容を分析しながら、「4技能試験への具体的対応」について考察したいと思います。また、「4技能試験導入」だけでは不十分だと思われる「思考力」「表現力」指導について、現在の学生が抱える具体的課題を材料に、今後の英語教育の進むべき方向性について、皆さんと考えていければと思います。」


▼開催概要

講演者

日野田 直彦|大阪府立箕面高等学校 校長 <基調講演>

「『明治以来の古典的英語教育論』の延長に未来も世界もない」  

~21世紀型スキルと真のグローバルな学力を軸に、「新しい学校」経営のあるべき姿~

鮫島 慶太|共立女子中学高等学校 英語科教諭|ESN CT研究 副代表

4技能試験と従来型試験の相関関係と問題分析

4技能を超えて多様化する入試と生徒の現状

Logical Thinking & Critical Thinking 教育の必要性|思考力・表現力指導

長井  悠|ハバタクグループ タクトピア株式会社 代表取締役

世界にハバタク(have a Takt)冒険者へ

自らの人生を切り拓くためのアントレプレナーシップ教育のご紹介

多文化協働力の育成を目指した海外大学との協業


日時

2018年3月29日(木)

12:30受付開始|13:00開演|17:30閉会

*途中参加の場合はフォームにその旨をご記入ください。

場所

十文字中学高等学校|新館多目的ホール

東京都豊島区北大塚1-10-33

JR山手線(巣鴨駅・大塚駅 徒歩5分)

都営地下鉄三田線(巣鴨駅 徒歩5分)

都電荒川線(大塚駅前 徒歩5分)

地図URL: http://js.jumonji-u.ac.jp/articles/-/5


参加費|1000円|会場受付にて徴収いたします。

持ち物|名刺をお持ちの方はご持参ください。

服 装|リラックスできる服装でお越しください。

定 員|100名

対 象|小中高大の先生|学習塾の先生|教員を目指す大学生・社会人の方|教育団体の方|教育関係事務スタッフの方


▼お申し込みフォーム

以下のフォームから申し込みをお願い致します。

http://es-network.org/?page_id=6626

※こちらからの登録で正式に申込みが完了となります。


▼お問い合わせ

高瀬 聡伸|ESN事務局代表

info@es-network.org


▼主催

ESN英語教育総合研究会

久保 敦|ESN総合代表

公式HP|http://es-network.org/

Facebook|https://www.facebook.com/esn.jp/


 

【支援のお願い】ウガンダの子どもたちに教科書1000冊届けたい!

ウガンダの子どもたちに教科書1000冊届けたい!

ウガンダのとある街ウォブレンジには、孤児に生活環境を提供している一つの現地NGOがあります。そこで元気に暮らす子どもたちは、朝4時から夜9時まで勉強する毎日。そんな頑張る子どもたちを応援したい!その想いから、彼らに教科書を届けるプロジェクトを立ち上げました。どうかご支援のほどをよろしくお願いします。  続き・・・

スクリーンショット 2018-03-16 22.49.45


 

SGH 第4回「高校教育のグローバル化を考える」フォーラムのご案内!!

SGH 第4回「高校教育のグローバル化を考える」フォーラムのご案内

Super Global High School (SGH)
教育関係者対象のフォーラムのご案内
SGH 第4回「高校教育のグローバル化を考える」フォーラムのご案内
 
 

本校は、2014年度より将来国際的に活躍するグローバルリーダーの育成を目的とした文部科学省のスーパーグローバルハイスクール(SGH)に指定されました。「平和な社会の実現に貢献できる人材の育成を目指す教育システムの研究開発」という研究開発課題を掲げ、「貧困の撲滅と災害の防止・対策~世界平和の実現のために~」をテーマに、人類のために貢献するという強い使命感、それを実現するための問題解決能力や判断力、プレゼンテーション力、未知の分野への積極性などを養うべく教育活動を実施しています。

この度のフォーラムでは、SGH事業に求められる教育と効果的な手法について、本校やご参加いただく皆様の実践を共有し、さらに、未来の教育に対してどうあるべきなのかなどを明らかにし、今後のSGH事業の展望について意見交換できればと思っております。

詳しくは、こちらのご案内をご覧ください:

 SGH 第4回「高校教育のグローバル化を考える」フォーラムのご案内

お申し込みは、以下のURLよりお願いいたします。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeHkgFXv9l7hdUHFVHL2M37zDgWTaGRfF2LN7lFxZNMV2jM8A/viewform


第9回 有志教員によるTOK定例学習会@立命館東京キャンパスのお知らせ!!

PDFによる案内文はこちらのリンクよりご覧いただけます↓↓↓
https://goo.gl/ZbaB6R

発起人:小澤大心 所属アオバジャパン・インターナショナルスクール
協賛:立命館アジア太平洋大学(APU)

関係者各位

「有志教員によるTOK定例学習会」では、月1回程度の学習会を開いた上で、
参加者同士の授業実践・教材研究を共有する場をつくることを目的としております。

TOK(Theory of Knowledge:知の理論)は、IB(国際バカロレア)のディプロマ プログラム
において中核となる学習の一つで、Critical Thinking(批判的思考)を体系的に培う学習とし
て広く注目されています。

グループウェアのサイボウズLiveを議論のプラットフォームとして活用した上で、
皆様と共に協働的な学びの場を生成していきたいと考えておりますので、
ぜひご関心のある方は奮って参加いただければ幸いです。

参加される方は、立命館東京キャンパスまでお集まりいただければ幸いです。

*オフラインで参加されたい方は、当日に掲示板でのトピックに直接ご意見を
投稿ください。(要:サイボウズLive登録)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第9回「有志教員によるTOK定例学習会@立命館東京キャンパス」
テーマ「TOKの導入から教科横断的な学びをデザインしてみる」

【参加費・無料・要申込】
日時:2018年3月17日(土)13:00~17:00 (受付:3階エントランス 12:30より)
場所:立命館東京キャンパス サピアタワー8F
(〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目7−12)
JR東京駅日本橋出口より直結(徒歩約1分)
http://www.ritsumei.ac.jp/tokyocampus/access/

<申込ページ>
https://goo.gl/BYYqh9

協賛:立命館アジア太平洋大学(APU)
後援:アオバジャパン・インターナショナルスクール
ESN英語教育総合研究会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当日は、サイボウズLiveを活用しますので、下記のグループに事前登録ください。

「サイボウズLive:TOK教育実践フォーラム」
https://cybozulive.com/joinRequest?key=XdonyXPwOm

参加希望の方は下記の申し込みフォームよりお願いします。

※本セミナーは国際バカロレア(=IBO)公認のセミナーではございません。
ご案内文_第9回_TOK定例学習会


<AJIS College Fairに参加しませんか?>

<AJIS College Fairに参加しませんか?>

勤務先のアオバジャパン・インターナショナルスクールで、カレッジフェアを開催します。他校の生徒さんも参加可能ですので、皆様の関係者にぜひ共有ください。(*教員による引率をお願いします。)
私がこのイベントの担当者ですので、ぜひ関係者におつなぎください。
進路担当者の方の参加も大歓迎です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時:2018年2月23日(金)14:00-17:00(←外部者は14時より)
場所:アオバジャパン・インターナショナル
   (光が丘キャンパス体育館)
連絡先:小澤大心(kokoro.ozawa☆aobajapan.jp
    ☆をアットマークに換えてください。
参加大学(予定)リスト(1月22日現在)
<日本国内の大学>
1 法政大学
2 国際基督教大学
3 岡山大学
4 立命館アジア太平洋大学
5 ビジネスブレイスクルー大学
6 会津大学
7 テンプル大学
8 創価大学
9 都留文科大学
10 山梨学院大学
11 立命館大学
<海外大学>
1 オックスフォード大学 (イギリス)
2 メルボルン大学(オーストラリア)
3 シドニー大学(オーストラリア)
4 Swiss Education Group (スイス)
5 United International Business School(スイス)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Kokoro Ozawa  (IB Japansese Teacher / Blended Learning Specialist)

Aoba-Japan International School
7-5-1 Hikarigaoka, Nerima-ku
Tokyo 179-0072 Japan
TEL 81-3-6904-3102   FAX 81-3-5997-0091
Email  kokoro.ozawa@aobajapan.jp

第8回 有志教員によるTOK定例学習会@立命館東京キャンパスのお知らせ!!

PDFによる案内文はこちらのリンクよりご覧いただけます↓↓↓
https://goo.gl/bR6Xyr

発起人:小澤大心 所属アオバジャパン・インターナショナルスクール
協賛:立命館アジア太平洋大学(APU)

関係者各位

「有志教員によるTOK定例学習会」では、月1回程度の学習会を開いた上で、参加者同士の授業実践・教材研究を共有する場をつくることを目的としております。

TOK(Theory of Knowledge:知の理論)は、IB(国際バカロレア)のディプロマ プログラム
において中核となる学習の一つで、Critical Thinking(批判的思考)を体系的に培う学習とし
て広く注目されています。

グループウェアのサイボウズLiveを議論のプラットフォームとして活用した上で、皆様と共に協働的な学びの場を生成していきたいと考えておりますので、ぜひご関心のある方は奮って参加いただければ幸いです。

参加される方は、立命館東京キャンパスまでお集まりいただければ幸いです。

*オフラインで参加されたい方は、当日に掲示板でのトピックに直接ご意見を
投稿ください。(要:サイボウズLive登録)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第8回「有志教員によるTOK定例学習会@立命館東京キャンパス」
テーマ「TOK学習活動の導入提案」

【参加費・無料・要申込】
日時:2018年2月9日(金)18:30~20:00
場所:立命館東京キャンパス サピアタワー8F
(〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目7−12)
JR東京駅日本橋出口より直結(徒歩約1分)
http://www.ritsumei.ac.jp/tokyocampus/access/

申込サイト:
https://goo.gl/sM9gbN

協賛:立命館アジア太平洋大学(APU)
後援:アオバジャパン・インターナショナルスクール
ESN英語教育総合研究会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参加にあたってはサイボウズLiveへの登録(無料)は必須となっておりますので、
参加希望の方はこちらのグループにご参加ください。

「サイボウズLive:TOK教育実践フォーラム」
https://cybozulive.com/joinRequest?key=XdonyXPwOm

参加希望の方は下記の申し込みフォームよりお願いします。

※本セミナーは国際バカロレア(=IBO)公認のセミナーではございません。